就寝前にふとんに入ってから、習慣的に映像を視聴する人の割合

写真拡大 (全3枚)

 電通総研は5日、就寝前にふとんに入ってからの、テレビ番組・ネット動画などの視聴習慣についての調査結果を発表した。習慣の有無、視聴ジャンルや視聴時の気分などを質問している。

 調査時期は9月25日〜28日で、全国の男女15歳〜49歳の1万人に事前調査、「就寝前にふとんに入ってからテレビやネット機器で映像を視聴する習慣」がある1000人に本調査を実施した。

 それによると、「就寝前にふとんに入ってから、テレビやネット機器で映像を視聴する習慣がある」と答えたのは、全体の32.7%。特に、10代では男女とも約半数(男性49.6%、女性50.0%)に映像の視聴習慣があった。

 具体的な視聴方法別にみると、全体でもっとも多かったのは「テレビで、放送中の番組を視聴する」19.6%。「動画共有サイトで視聴」15.5%、「テレビで、録画番組を再生視聴」13.0%、「レンタル・セルビデオを再生視聴(DVD・ブルーレイなど)」8.3%がそれに続いた。

 いずれの視聴方法でも、10代・20代の若年層が30代・40代よりも活発に視聴しており、なかでも「動画共有サイト」が一番利用されていた。

 具体的な内容別でみると、「バラエティー」45.1%や「お笑い」34.0%など、上位20位までの多くがテレビ番組にも多い映像ジャンルだった。一方、13位「インターネット情報」、18位「衝撃映像/レア映像」、19位「ゲーム情報」、20位「○○してみた」などもランクインしている。