目を守るためにも野菜をしっかりと

写真拡大

高齢になるほど発症しやすくなる目の疾患、「加齢黄斑変性」の発症リスクを、カロテノイドが低下させるとする研究結果が、米マサチューセッツ州、ハーバード大学の研究者らによって発表された。

加齢黄斑変性は、加齢により網膜の中心部である「黄斑」に障害が生じ、ものが見えにくくなる疾患。欧米では成人の失明原因の第1位となっており、近年日本でも患者数が増加しつつある。

研究では、米国の看護師、医療従事者を対象とした大規模な追跡調査、「Nurses' Health Study(1984〜2010)」と「Health Professionals Follow-up Study(1986〜2010)」から、10万2046人のデータを分析。ニンジンやトマト、パプリカ、ブロッコリーなどに含まれる色素成分、カロテノイドの摂取量と、加齢黄斑変性の関係を調査した。摂取量は食事の内容から計算しており、サプリメントでの摂取は含まれていない。

その結果、カロテノイドの中でも「ルテイン」と「ゼアキサンチン」という成分をよくとっていた人は、とっていなかった人に比べ、加齢黄斑変性の発症リスクが40%低下していた。

ルテインは卵や濃緑色の葉野菜、ゼアキサンチンはトウモロコシや黄パプリカなどに含まれており、黄斑が酸素や光によって受けた損傷を予防すると考えられている。

また、βクリプトキサンチン、αカロテン、βカロテンといった他のカロテノイドでも、25〜35%のリスク低下がみられたという。

研究結果は米国医師会の眼科分野専門誌「JAMA Ophthalmology」オンライン版に、2015年10月8日掲載された。

参考論文
Intakes of Lutein, Zeaxanthin, and Other Carotenoids and Age-Related Macular Degeneration During 2 Decades of Prospective Follow-up.
DOI:10.1001/jamaophthalmol.2015.3590 PMID:26447482

(Aging Style)