写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アサヒビールは、同社が運営するアートスペース「アサヒ・アートスクエア」を、2016年3月末をもって閉館することを発表した。

「アサヒ・アートスクエア」は、アサヒビールのメセナ活動(企業の資金提供による文化・芸術活動支援)の発信拠点として、2004年から運営が行われていたアートスペース。東京都・浅草にある"金色のオブジェ"で広く知られる「スーパードライホール」の4〜5階を利用している。

今回の閉館は、同アートスペースが築26年(1989年建設)を経て老朽化が目立ってきたこと、ここ数年はホールとして運営するにあたり、各所での修繕や機器の入れ替え等が頻発していたことなどを合わせて決定されたという。同スペースでは2007年以降、NPO法人アートNPOリンクとパートナーシップを組み、若手アーティストに広く場を開き、美術、音楽、舞台芸術、映像、各種ワークショップなど、さまざまな活動が行われてきた。

なお、同アートスペースは閉館するが、1〜3階で営業している飲食店「フラムドール」は通常営業を行う。「スーパードライホール」の建物自体の存続を不安視する声も上がっているが、建物の取り壊しは実施しないということだ。