豆蔵ホールディングスは11月5日、同社の事業会社であるオープンストリームが、ビッグデータ技術とAWS(Amazon Web Services)の開発実績を基にしたという技術「LogStream(ログストリーム)」プラットフォームの提供を開始したと発表した。

併せて、独自のビッグデータ解析技術をベースにしたモデリング・解析・通知サービスである「RecoBee(レコビー)」(仮称)の開発 の開発を開始しているとのこと。

新サービスは、ユーザーの行動情報をリアルタムに収集・蓄積し、それを基にしてきめ細かな情報発信を可能にするというクラウド型のサービス。モバイル端末やIoTデバイスが搭載するGPSや基地局から得られる詳細な位置情報、センサーによる移動速度・移動距離・姿勢情報などを収集してデータ化し、ビッグデータとして取り扱えるようにしたという。

収集し1次加工したデータを解析すると、立つ・座る・歩く・走るといった動きのレベルでユーザーの行動を認識でき、さらに、公開インタフェースを通じて、レコメンド・システムやBIツールとなどのデータ解析ツールや各種の通知サービスといった外部システムとの連携も可能としている。

さらに、同社が開発実績を持つAWS上に構築してクラウド・サービスとして提供することで、迅速な利用開始とリーズナブルなコストを可能にしたとのことだ。

開発中のRecoBeeは、LogStreamで収集・蓄積したデータを基にした行動解析を可能にするというプラットフォーム。収集・蓄積したデータを、オープンストリームが持つリアルタイム・データ解析・機械学習・AI関連といった技術と組み合わせることで、より詳細できめ細かなタイミングや内容の情報発信が可能な環境を、サービスとして提供可能になるという。

LogStreamとの組み合わせにより、データの可視化やリアルタイム・レコメンデーションなどの機能を実現できるとしている。また、各種クライアント向けのSDKの提供を通じて、容易に利用可能な環境を提供する予定とのこと。

(山本善之介)