アラビア文字フォントをデザインするのは、かくも難しい

写真拡大

優雅であるがゆえに、「フォント」として再現することが困難なアラビア文字。デジタルデヴァイスでも使えるものとするために、オランダのフォント制作会社とレバノン人デザイナーが立ち上がった。

「アラビア文字フォントをデザインするのは、かくも難しい」の写真・リンク付きの記事はこちら

タイプフェイス・デザインには「西洋基準」という問題がある。しかし、アラビア文字はラテン文字とは構造が異なっている。アラビア文字は文脈によって形が異なるし、常に、いわゆる筆記体で書かれていて、大文字と小文字の区別もない。

「これまでの60年間、アラビア文字はさまざまに変遷してきましたが、それは必ずしも前向きなものではありませんでした」と、オランダの活字製造会社、Typothequeファウンダーのピーター・ビラックは語る。「西洋の印刷技術の制約を受けていたため、アラビア文字のグリフ数に対応できていなかったのです」

結果、出来上がるのは「簡体アラビア文字」でしかなく、判読こそ可能だが面白みはない。「言うまでもなく、素晴らしいものではない」(ビラック談)

問題は、アラビア語が非常に複雑な言語だという点にある。アラビア語は、世界中で5番目に使用人口の多い言語であるにもかかわらず、ネイティヴスピーカーとしてスクリプトを理解する印刷技術者が不足している。ビラックによると、中東地域において印刷技術を専門的に教える学科がほとんど無いのが原因だという。

この問題を解決するため、ビラックは、TPTQ Arabicという新たな活字製造会社を立ち上げた。クリスティアン・サルキス(共同設立者であり、ルーヴル・アブダビ装飾用の特注アラビア字体を手がけるレバノン人デザイナーでもある)とともに、ビラックは、豊かな表現力をもった真のアラビア文字を発展させるべく、この事業を全うしようとしている。そして、その目標につながる第一歩となるのが、デザイナーのために講習やワークショップを主催することだと言う。

TPTQ Arabicによる最初のフォント「Greta」は、ごく細いものから極太まで、幅広い線種に対応する。

Gretaが生まれたインスピレーションは、「Naskh」から得られた。Naskhは、かつてコーランの記述に使用された古いスクリプト「Kufi」よりも小さなサイズで使用されるべく生まれた書体だ。ビラックによるとそれは「とても普遍的で、現代アラビア文字のための用途の広いツール」であり、TV局から注目されることになるだろうと考えている。彼らのコンテンツは、多様なディスプレイで表示されるからだ。

関連記事ウェアラブルの小さな画面に、美しいフォントを描くテクノロジー

現在、使用可能な西欧言語のフォント総数を集計するのは困難だ。Fonts.comには20,000以上のラテン系フォントが収集されているが、アラビア系フォントは108種のみに留まる。「ラテン書体からすれば、200年も遅れているように感じます。そこにおいては、これまでさまざまな試みがなされてきましたから」と、ビラックは話す。

アラビア書体にも、何かしらの試みがなかったわけではない。例えば数年前、あるレバノン人デザイナーは、ラテン書体のように、独立した文字を使用する実験的なアラビア語フォントをつくり出した。いま、多くの新聞や書籍が「Yakout」を使用しているが、これは1956年にフォント製作会社、ライノタイプが発表した簡体アラビア文字である。米国の大企業、モノタイプもまた別の書体を発表している。

しかし、アラビア文字のもつ微妙な差異に関していえば、立ち後れていることに変わりはない。そしてその理由は、ビラックによれば、この種のフォントを生み出すのに十分な数のデザイナーを育てることに注力してこなかったことにあると言う。

中東の一部地域では、欧米と比較してデジタルデヴァイスの普及は遅れている。結果的に、それらの小さな画面に対応するデザイナーの取り組みも遅れていく。アラビア文字のさまざまな特徴は、正しく扱われなければ判読性や可読性を欠いてしまう。

ラテン文字にはアラビア文字がもつ装飾的な部分はさほど多くはないものの、昨今のモバイル消費において、こうした特徴が最大限に利用され出している(これは、最近のアップルやフェイスブック、グーグルのような巨大テクノロジー企業が、自らのサーヴィスにおいてフォントを更新している事実が物語っている)。

ビラックがはじめてアラビア書体をつくったのは、10年前のことだった。「当時、これはデザインへの挑戦だと気がつきました。それは同時に、技術的な挑戦でもありました。必要なツールからして、存在しなかったのです」。

彼は自身でプログラムを組むことでこの問題を解決し、その後、一般に流通しているツールでもアラビアフォントの作成に使用できるようになった。フォント業界の有力企業、アドビは、アラビア字体のデザインツールを売り出している。

11月10日発売! 『WIRED』VOL.19「ことばの未来」
Amazonで購入する>>

「ことば」の未来を考えることで、ぼくらはどんな未来を得ることができるのだろう? 自然言語をめぐる冒険は「コンピューターによる説明」に始まり、「絶滅言語」や2人のデザイナーが交わした「インフォグラフィック文通」、カズオ・イシグロら4人の作家に訊いた「文学のイノヴェイション」まで。予防医学の俊英・石川善樹は自然言語処理界の天才たちに先端研究を訊き、デザインシンカー・池田純一はチャッピーとC-3POからことばと人間の未来を読む。そのほか、OPNとのニューヨーク彷徨にベン・ホロウィッツのビジネス訓、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の舞台裏エピソードを掲載! 特集の詳しい内容はこちら。

TAG

DesignEntrepreneurFontLanguageWIRED US