大村智教授らが開発したイベルメクチン 感染症「糞線虫症」にも高い効果

ざっくり言うと

  • ノーベル医学生理学賞に決まった大村智氏らが開発した「イベルメクチン」
  • 5日、WHOなどのチームが感染症の「糞線虫症」にも高い効果があると発表
  • 熱帯を中心とする寄生虫が原因の感染症で、重症化すると死亡するとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング