インドで白内障手術の不手際により14人が失明 適切に消毒行われず

ざっくり言うと

  • インドで手術の不手際で少なくとも14人が片目を失明したと5日、分かった
  • 州当局は医療器具が適切に消毒されていなかったことが原因として病院を非難
  • 患者23人は全員、シュードモナスと呼ばれる種類の細菌に感染していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング