就職活動中の川島は今回もメンバー外に。とはいえ、ダンディー・Uとの契約が間近だと言われ、ハリルホジッチ監督は「川島にとってはポジティブなこと」と喜んだ。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全5枚)

 
 11月5日、ロシア・ワールドカップのアジア2次予選のシンガポール戦(12日)、カンボジア戦(17日)に挑む日本代表メンバー23人が発表された。ここでは、会見の前半に発表した招集メンバーに対するハリルホジッチ監督の選手評を紹介する。
 
〈選出メンバー〉
GK(3名)
西川周作(浦和)、東口順昭(G大阪)、林 彰洋(鳥栖)
 
DF(7名)
長友佑都(インテル)、槙野智章(浦和)、森重真人(FC東京)、吉田麻也(サウサンプトン)、藤春廣輝(G大阪)、丸山祐市(FC東京)、酒井宏樹(ハノーファー)
 
MF(6名)
長谷部誠(フランクフルト)、柏木陽介(浦和)、香川真司(ドルトムント)、清武弘嗣(ハノーファー)、山口 蛍(C大阪)、遠藤 航(湘南)
 
FW(7名)
岡崎慎司(レスター)、本田圭佑(ミラン)、金崎夢生(鹿島)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、宇佐美貴史(G大阪)、武藤嘉紀(マインツ)、南野拓実(ザルツブルク)
 
〈会見要旨/メンバー発表〉
「(先立ってコメントした霜田技術委員長が)2試合を勝って終わりたいということでしたが、私の意見も同じです。
 
 今年最後の2試合はアウェーゲームですが、少しリストに変更を加えました。(発表するメンバーに)何人かの選手はいませんが、それは彼らが悪いのではなく、他の選手にチャンスを与えたいということです。もちろん、何人かの選手はもっと頑張ってほしいというメッセージも込めています。今から、それを具体的に説明していきます」
 
●GK-西川、東口、林について
「西川、東口、そして初めて林を呼びます。林は長い間、追跡してきた選手です。少し膝に問題を抱えていました。それもあってこれまで招集していませんでしたが、このところ高いパフォーマンスを見せています。彼をダイレクトに見る機会を設けたいと思っていますし、良い機会なのでしっかり(自分のプレーを)見せてチャンスを掴んでほしいと思います。
 
 良いニュースとして川島の件がありますね。あるクラブ(ダンディー・ユナイテッド)と、ほぼ合意まで達したと聞いています。トレーニングは続けているようですし、労働許可証が必要ですが、できるだけ早く(試合で)プレーしてほしいと思っています。川島にとってはポジティブなことですし、私もずっとコンタクトを取っていますから、あとはプレーするのを待つだけです」
●CB-吉田、槙野、森重、丸山について
「吉田は先日、左足でシュートを決めましたし、槙野もFC東京戦で素晴らしいゴールを決めました。槙野は良い人間性を備えていますし、フットボール面も問題ありません。ただ、まだまだレベルは向上できると思います。森重も打撲し痛みを抱えながらプレーを続けていますが、今のところしっかり回復しているので呼びました。
 
 丸山は少し新しい選手です。丹羽も候補でしたし、昌子もナビスコカップの決勝でハイパフォーマンスを見せていました。水本も同じです。彼らはすでに(代表チームを)経験していますが、まだ丸山はほぼ経験していない。そして(今の日本代表には)左利きが少ない。特にCBですね。丸山にも少しチャンスを与えたいと思っていますし、チャンスを掴んでほしいと思っています」
 
 
●右SB-酒井宏について
「酒井宏は怪我で前回は招集できませんでしたが、今回は戻ってきます。今回の2試合ではセンタリングが必要になってくるので、彼の存在は重要です。右SBがひとりだけなのは、今回が初めてです。何人か右SBでプレーできる素質を持った選手がいますが、今回はFW、中央のところにメンバーを割いたために、こうした人選になりました。