写真提供:マイナビニュース

写真拡大

BlackBerryは11月4日、ダイワボウ情報システム(DIS)と提携し、BlackBerryが提供するクロスプラットフォームEMMソリューション「BES12」の国内販売を行うと発表した。今後、国内法人向けにBlackBerry 10搭載スマートフォンを提供していく。

BES12はセキュリティや業務効率化、さらにコミュニケーションやコラボレーションサービスまでを含めたBlackBerryの広範な法人向けポートフォリオ基盤。業務上必要な社員間のコミュニケーションや、会社情報やシステムへの安全なモバイルコネクションの確立を支援する。

また、iOSやAndroid、Windows Phone、さらにBlackBerry 10やBlackBerry OSといったOSの異なるデバイスをシームレスにサポート。シングルコマンドで組織のモバイル化に伴うタスクを簡素化し、制御センターでデバイスやアプリ、アクティビティ、基幹業務データなどの可用性や使用状況を一括管理できる。

BlackBerryとの提携で、日本国内のDISの法人顧客は業界最先端のEMMやメッセージング、セキュリティ機能を利用できるようになる。さらに、国内に持つ広範な代理店やVAR(付加価値再販業者)ネットワークを通じ、BlackBerry 10 OSを搭載した最新モデルのスマートフォンの販売も行う。

デバイスは、物理QWERTYキーボード付きで、操作速度と正確性を重視するユーザー向けのBlackBerry Classicと、ビジネスプロフェッショナル向けに設計されたBlackBerry Passportを用意する。いずれも技術適合認証を取得済みで、同日よりDISを通じて提供を開始する。BES12の提供開始時期については、2015年末を予定している。