モトローラが最近リリースした最新のDroid Turbo2に搭載されている、シャッタープルーフ(粉砕防止)ディスプレイは、たとえ落としたとしても、ディスプレイガラスにヒビが入ったり、割れたりすることはなく、一度でもディスプレイをダメにしたことがあるユーザーには感動ものです。
 

東大が破壊不可能なガラスを開発

しかし、東京大学生産技術研究所の研究チームが、このDroid Turbo2に搭載されたディスプレイガラスよりも、さらに頑丈で「ほぼ破壊不可能なガラス」の開発に成功したようです。
 
この超硬ガラスを可能にしたのは、アルミニウム酸化物、通称アルミナと呼ばれる物質です。従来はこのアルミナを大量に合成すると、すぐに結晶化してしまうという難点があったのですが、今回研究チームは結晶化しない合成法を編み出した模様です。

5年以内に商業化を目指す

技術的な詳細は、Natureグループの学術雑誌である「Scientific Report」に任せるとして、研究チームはこの技術を5年以内に商業化しようと考えているようです。
 
実現すればiPhoneなどのスマートフォンはもちろん、窓ガラスをはじめ、あらゆるガラスが「割れない」時代がやってくることになりそうです。

iPhoneにも採用されるのか

アップルは強固で傷がつきにくい、サファイアクリスタルをiPhoneのディスプレイに採用したいと考えているといわれていますが、今回のガラスについての情報収集は既に行っているのでしょうか?
 
もしiPhoneに採用されるとしたらiPhone9の時代ということになりますね。
 
 
Source : BGR
(リンゴバックス)