【全文】ハリルホジッチ監督、日本代表メンバー発表会見。柏木や金崎を饒舌に語る

写真拡大

11月に行われる2018年ワールドカップのアジア2次予選に向け、23名の日本代表メンバーを発表したヴァヒド・ハリルホジッチ監督。

会見は日本サッカー協会のYoutube公式チャンネルで生中継されたのだが、今回はその代表メンバー発表会見の全文をお届けしよう。

【関連記事】日本代表メンバー発表、丸山や南野、金崎を選出!(2015/11/5)

※できる限り口語のまま掲載

霜田 正浩(日本サッカー協会技術委員長)

「はい、皆さんこんにちは。霜田でございます。

年内も最後残り2試合となりました。

この2試合を公式戦ですので、しっかり勝利にこだわって勝ち点6を積み上げて帰ってきたいというふうに思っております。

このところずっとアウェイが続いていますけども、日本のサポーターの皆さんには是非応援を引き続き宜しくお願いしたいと思っております。

宜しくお願いします」

ヴァヒド・ハリルホジッチ(日本代表監督)

「コニチハ。

シモさんが早く終わりすぎましたので、今から説明いたします。

2試合勝って終わりという挨拶でした。彼と私は意見が一致しています。

では、立って説明します。

今年最後の2試合ですけども、アウェイでの試合です。少し変更を加えたリストを説明します。

新しい選手も何人かいます。私がいろいろ見た中から選びました。

1年目はできるだけたくさんの選手を知りたいと思っています。

試合を見ることはできるんですけども、グラウンドでトレーニングすることとそれから直接話すことは全然違います。

つまり、何人かの選手はいません。

それは、彼らが悪いというわけではないです。他の選手にチャンスを与えたい。もちろん、何人かの選手にはもっともっと頑張ってくれというメッセージも込めています。

今からそれを具体的に説明していきたいと思います。キーパーから。

ゴールキーパー:

西川 周作(浦和レッズ)
東口 順昭(ガンバ大阪)
林 彰洋(サガン鳥栖)

初めて林を選びます。

ただ、彼も長い間ずっと追跡してきた選手です。

少し膝に問題を抱えていましたけれども、そのこともあって我々はこれまで選んでなかったのですけども、ただここのところかなり高いレベルを見せてくれています。

彼をダイレクトに見る機会を設けたいと思います。そして彼も良い機会なのでしっかり見せてほしいと思います。彼のチャンスを掴んでほしいなと思っています。

六反は我々といない(?)。

彼が悪いから替えたというわけではなくて、他の選手を見たいということです。どのポジションでも競争が必要ということもメッセージとして含めています。

それから、良いニュースとしてエイジ(川島)ですね。

あるクラブとほぼ合意までいっていると。そしてスポーツとは関係ないんですけど、労働許可書がまだ必要だということです。

ただ、トレーニングは続けていると。できるだけ早くプレーをしてほしいなと思います。それは全員にも言えます。

自分のポジションを確保すること。

そうしないと、A代表には入れません。レベルとパフォーマンスが良くないければ、A代表には入れません。これは全員です。

ただエイジには嬉しいと思います、私もずっとコンタクトを取っていますから。あとはプレーするのを待つだけだということです。

キーパーに関しては以上で、ディフェンスに移ります。いつもいるメンバーもここに含まれています。

センターバック

吉田 麻也(サウサンプトン/ENG)
槙野 智章(浦和レッズ)
森重 真人(FC東京)
丸山 祐市(FC東京)

(吉田について)

前回左足でシュートを決めましたけども。

(槙野いついて)

FC東京戦で彼も素晴らしいシュートを決めました。

ディフェンス面に関してはそこまで良い試合ではなかったかもしれませんが、かなり良い人間ですしフットボール面も問題ない。ただ、まだまだレベルは向上できると思います。

森重も打撲があって打撲をしながらもプレーを続けたんですけども。今のところしっかり回復して、ここに呼んでいます。

4人目。少し新しい選手ですけども丸山です。

丹羽も候補に挙がってましたけども、そして昌子もかなり良いパフォーマンスを持っていますね。ナビスコカップの決勝でかなり高いレベルを見せてくれました。水本も同じです。

彼らは我々とすでに経験していますけども、丸山はまだほぼ経験していない。そして左利きも少ない。特にセンターバックのところですね。

彼にも少し見るためにチャンスを与えたいな。今度は彼がチャンスを掴んでほしいなと思います。

丹羽も昌子も忘れたわけではありません。水本もかなりハイレベルです。彼らが悪いというわけではないです。このように彼らもしっかりプレーして、他の選手たちにプレッシャーを与えてくれたらありがたいです。

サイドバック
酒井 宏樹 (ハノーファー/GER)
長友 佑都 (インテル/ITA)
藤春 廣輝 (ガンバ大阪)

右サイド、酒井宏樹。

怪我で前回来なかったんですけど、今回戻ってきます。彼も良い試合をしてくれるよう期待しています。

特にオフェンス面でしっかり働きかけてセンタリングっていうのがこの2試合で必要になってくるので、彼の存在が重要です。

今回初めて右サイドを1人だけ、ということを試しています。我々はこうやって考えているのですけども、何人か右サイドでプレーできる素質を持った選手がいます。

そしてフォワード、真ん中のところに人数をかけたいがためにこのような人選をしています。

ゴートク、塩谷も考えているんですけども。

我々とゴートクは前回いたんですが、彼もやはりやらなければいけないのは自分のクラブで席を確保すること。定期的にプレーしていないということが大きな原因になっています。

ただ、彼はハイパフォーマンスでトレーニングを続けてくれると思っています。

長友。

右サイドバックのようにしっかりプレーしていますけども、彼も右サイド左サイド両方できるので競争を高めてくれると思います。インテルは上位につけていますね。

彼はものすごくプロフェッショナルで、そして集中してやってくれます。彼のような存在が我々のグループには必要です。

そして、藤春。彼も戻ってくると。

今回の試合では本当に良いセンタリングが必要になってきます。両サイドですね。

彼は米倉から席を奪ったと言えます。前回の試合で米倉はそこまで良いと思いませんでした。

そして藤春が席を奪いました。左サイドの候補としてですね。

特に彼の左サイドの駆け上がり、センタリングに期待しています。スピードもですね。そのために彼をここに選んでいます。

8人の代わりに7人、ディフェンダーを選びました。中盤にいきます。

守備的ミッドフィールダー

長谷部 誠(フランクフルト/GER)
山口 蛍(セレッソ大阪)
遠藤 航(湘南ベルマーレ)
柏木 陽介(浦和レッズ)

ディフェンシブハーフです。我々のキャプテンですね。

右サイドでクラブでプレーしていますけども、私は中盤でやってほしいなと思っています。右手にちょっと問題を抱えていますけども、そただれがトレーニングやゲームに影響はないと聞いています。

山口ですね。

常に彼も存在感を見せてくれる選手です。私は個人的に2部リーグをほとんどまだ見れていないので彼を追っていますけども、クオリティはあると。全ての試合はどのようにプレーしているかは見ていますけども。

かなり向上する余地のある選手だと思っています。そういったことを彼らにも伝えたいと思います。

それから遠藤。前回も怪我、今回は先日まで病気をしていましたけども。

彼も中盤で使ってみたい。ただ右サイドバックとしてもプレーできる選手ですね。彼もかなりのことが向上できるかなと思っています。若いですし、ある日将来A代表を引っ張っていく選手になってほしいと思います。

(柏木について)

そして、少し新しい選手ですけども組み立てで参加してほしい選手です。

ディフェンスラインから参加して、そして左利き。フィジカル的にモンスターというわけではないんですけども、デュエルにもしっかり行ってくれますし。特に後ろからの組み立てですね。そこの能力があります。

そして運動量、ゲームビジョン、パス、そして左利き。他の人たちは右利きなので。特に攻撃面に関してしっかりバランスを取ってくれる選手。

中盤に左利きの選手がいるというのはおもしろいこと。それはフリーキックとかにも影響しますし。彼のことはものすごく期待しています。

我々のビルドアップのところでもっともっとテクニックをもたらしてほしい。そして特に中盤の低いところから中盤の高いところ、そしてFWへと繋げていってほしいなと思っています。

浦和ではですね、彼はかなり引いてもらいにくるんですけども、我々はそうではない。できるだけ高い位置でボールを受けなさいという話もしています。ミッドフィールダーのオフェンス、フォワードに近付きなさいという話もしています。

そして彼のゲームビジョンはおもしろいですし、背負ってもワンフリックで背後にボールを送れます。

そういった選手は数少ない。彼みたいな能力はほとんど見られない。ボールを受ける前にすでにたくさんのアイディアを持っています。背後、そして前にしっかり連携を持てる選手だと思います。

攻撃的ミッドフィールダー

香川 真司(ドルトムント/GER)
清武 弘嗣(ハノーファー/GER)

それから香川ですけども、かなり良いパフォーマンスでクラブで活躍しています。良いパフォーマンスを見せ続けていますね。得点も取ってますが、特にラストパスをしてくれています。

彼はずっと試合に出続けていますね。時には休憩してほしいなとも思っています。シーズンは長いですし、フィジカル的にもモンスターではないです。時々休憩するということも知らなくてはいけない。A代表でも時々休憩させています。

そして(香川は)清武と同じポジションですね。

彼らが我々のプレーを前へ前へと、組み立てを前へ前へと進めてくれる選手です。そして、ボールを奪うところでも役割を発揮してもらわないといけない。そして、彼らが特にオフェンス面でオーガナイズの中心になってきます。香川と清武は競争してほしいと思います。

怪我から回復したところなんですけども、今日の朝ですね情報が入ってきて、まだ少し怪我をしていると。清武ですね。トレーニングもしなかった、と。オペしたところと全く場所は違うんですけども、そこに近いところが打撲している。

清武が2試合連続で今回出るかはまだ確定していません。

おそらく明日プレーするとは聞いているんですけども、今日の午後、夜にかけて彼とディスカッションして、日本のドクターがドイツにいますので彼に診察してもらおうかなと思っています。

その後様子を見ようかなと思っています。そして、我々はどのような決断をするかはその後決まります。

6人の中盤です。4人ディフェンシブ、2人オフェンシブ。

フォワード

本田 圭佑(ミラン/ITA)
南野 拓実(レッドブル・ザルツブルク/AUT)
原口 元気(ヘルタ・ベルリン/GER)
宇佐美 貴史(ガンバ大阪)
岡崎 慎司(レスター/ENG)
武藤 嘉紀(マインツ/GER)
金崎 夢生(鹿島アントラーズ)

今回は7人フォワードを選びました。

本田ですね。

プレーはそこまでできてませんけども、コンタクトは毎日のように取って、トレーニングをもっとしてほしいなと言わなければいけません。今、競争はかなり高まっていると。

それをやるだけのクオリティは持っていると思います。トレーニングを続けてほしいなと思います。ただ、自分のレベルをキープし続けなくてはいけない。

それから、若い南野ですね。

若いし有望な選手です。我々とともにいろいろなことを学べると思います。

特に右サイドからのフォワードとして活躍できること期待しています。ゴールゲッターだと思っています。シンプルにプレーしますし、正確にプレーしますし、16mの中に入っていくプレーもできます。爆発的なスピードもあります。そして20歳です。

特に我々はゴールを仕留める、得点を取るというところが問題ですので、次の準備として彼とともにトレーニングをしていきたいなと。

彼は若いですけども、特に我々はリスクを負わなければいけない。我々は信頼しています。そして、2-3年後には全く今とは違うレベルになっていると思います。経験もふまえてですね。これが将来のための準備です。

原口ですけども、クラブで常にプレーしています。いろいろなポストでプレーできる選手だと思っています。サイド、中央。ゲームの状況によって彼は変えることができると思います。本当にコンプリートな選手ですね。運動量も多いですし、攻撃面、守備面でも。

そして、16mの中にもっともっと入ってほしいなと。もっともっと得点を取ってほしいなと思っています。

最後の20-30mのところですね。ボールをもっと前に運んでほしい。そして、ボール無しでスプリントで16mの中に入ってほしい。ヘディングでも点を取ってほしい。

いつも16mのところで待つのではなくて、そういったことをアドバイスしていきたいなと思っています。特にそういったことをしっかり走りながらできれば彼は高いレベルに行けると思います。

それから宇佐美ですけども、すでに宇佐美のことはたくさん話してきました。

最近少し疲れている気がします。ゴールの得点率も下がってきたような気がします。これは、フィジカル的に準備されていないのか?そういった疑問がありますけども、ただ今シーズンかなりのことをやってきました。

生活も変えたと思います。そういうことを注意していると思います。彼はスペシャルプログラムも持っています。

リーグ戦も全て出ていますし、ACLも準決勝までいきましたから、かなりずっとプレーし続けていますね。それもあってフレッシュな状態ではないのかもしれません。

ただそうであったとしても、能力はかなり高いので呼びました。日本のフットボールで能力のこんなに高い選手はいません。彼とはやはり我慢をしつつ成長させていきたいな、と。

この選手をかなり信じています。本当に能力がある選手だからです。ただ、能力だけでは十分ではありません。

岡崎です。

彼も全試合で100%出し切る選手なので、今現在パフォーマンスが落ちています。ただ彼は本当に全てのところで顔を出してくる選手なので。ただ、最近はそこまで試合に出ていないと。

ただ、彼のやる気とプロフェッショナリズムが我々にとって必要です。そして我々は得点が必要なので彼が必要です。

それから武藤。

稀な選手だと思いますけども、日本人で3点取ったと。これは日本の選手ではあまり起きないことだと思います。それに関してはかなり嬉しいです。

この選手も向上します。

身長はそこまでないですけども、勇気、それからデュエルに関しては強いと思います。ただ、デュエルのところでドイツでグラウンドちょっと倒れるシーンがありますけども。もちろんドイツ人は強いんですね。

ただ彼の爆発的なスピード。そういったところがかなり高いレベルだと思います。ドイツでかなり向上すると思います。

そして、ドイツのフットボールも彼に適応していると思います。彼のためのスペースがあります。ただ、まだそのスペースを十分に使えていない。彼は背後に走っているんですけども、ただボールホルダーとのシンクロナイゼーションがない。オフサイドになってしまったりとか。

そういった選手に関しては、オブリックランニングを覚えさせたいなと。いきなりオフサイドの罠にかかるのではなくて、1-2mから後ろからスタートしてですね。例えば重い(?)、速くない相手に関してはスピードで勝たなくてはいけない。

ただ彼なんかにも言いたいのは、『3点取ったんだから今は自信あるだろう』と。ゴール前で慌てたシーン、それから冷静を欠いたシーンも結構ありましたけど、今は少し冷静さを取り戻せるのではないかな。自分に自信ができてですね。

キーパーの前では特に、本当に集中しなければいけない。冷静さですね。

そして若い選手なので、こういった点を重ねていけば自信を取り戻されてくるだろうと思います。

(金崎について)

それから新しい選手ですね。A代表ではすでに呼ばれていると思いますけども、彼も追跡してきた選手です。

皆さんにすでに言いましたけども、真ん中に少しパワーが足りない。センタリングから有効に利用できる選手がいないかなと探していました。

何人かフォワードはいるんですけども。例えば国内ですね、本当に若い選手もいますし。そして今回、金崎をダイレクトにトレーニングをしながら見たいなと。

ここ数ヵ月、彼はかなり良い仕事をしてくれています。

真ん中だけではなくてですね、彼はたくさんのところに動いてくれます。フィジカル的に体の大きさはそこまでないんですけども、デュエルの中でボールをプロテクトしながらスピードも使えますし、戦う意識もありますし、ヘディングも上手いです。本当に決定的な仕事をこの前のファイナルでもやりましたし。

彼は昨日見つけたわけではありません。

1年目は時間をかけていろんな選手を追跡し、できるだけ多くの選手に可能性をもたらしたい。そしてよりよく知りたいなと思います。

フットボール…(?)人間性も見たいです。ハイレベルなところでは完璧な人間が要求されます。

彼にとっては本当に良い機会だと思っています。もちろん他の選手もたくさん追跡しています。おそらく3月にはまた違う選手かもしれませんし。ただ今のところ、この23人で合宿をスタートしたいと思っています。

今のところ少しラージグループを作っています。もっともっと競争を高めたいからです。

何人かの選手に言いたいのは、『A代表にもう入ったと思うなよ』ということです。

シリア、イラン戦の後に皆さんに話したと思うのですが、イラン戦の前半、全く満足してません。

特に戦う意識です。イランはフィジカル的なパワーを前面に押し出してきました。そして我々を難しい状況に陥れました。全員がそれに応えられたわけではありません。それに関して満足していません。もちろん個人的に具体的にディスカッションもしましたし、日本の長所、短所も全て分かってきたつもりです。

霜田技術委員長も最初に言いましたけれど、2試合に勝つ。これが我々の野心です。

シンガポールが最初の試合になりますけども、まだ私はここに飲み込めない状況です。まだまだ私はシンガポールを飲み込めていません。もちろんシンガポールで絶対に勝つという話はします。そして勝って1位をキープしたい。結果を出したい。

そして次のシーズンに向けてですね。我々の相手がもっと強くなるわけで、我々ががもっとパフォーマンスを上げないといけない。

そして、我々はA代表。つまり、常に100%で来てもらわなければいけません。

我々はプレーが悪くてもいいと思います。我々はゴールをミスしてもいいと思います。だけども、やる気と戦う意識のところで負けてはいけません。それは絶対に負けてはいけません。それは絶対に負けてはいけない。

問題があると言っているわけではありませんけども、我々は少し強く要求しすぎなのかもしれない。しかし、要求し続けたい。

このチームはもっと向上できると思っています。来シーズンに向けて本当の能力を見せたい。

ここにいない選手へのメッセージですけど、例えば中盤の柴崎岳ですけども、他の選手にチャンスを与えたいということです。

だけど、ガクにも言いたいのは、『もっともっと向上できるよ』ということです。彼には本当に期待しています。トレーニングをしっかり続けてパーフェクトにトレーニングを続けていってほしいなと思います。

そして私は彼としっかりディスカッションもしましたし、彼の人間性も大好きです。彼は本当に向上していくと思っています。

そして他の選手にも言いたいのは、誰も忘れていません。みんなのことは頭に入っています。だけども、もっともっと良いパフォーマンスでここに持ってきてほしいと思います」