ハリル、ダンディー・U加入迫る川島を激励「ポジションを確保すること」

写真拡大

 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は5日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選に臨む日本代表メンバーを発表。引き続き招集外となったものの、スコットランドのダンディー・ユナイテッドと契約間近と報じられているGK川島永嗣について言及した。

 川島は今夏、契約満了とともにスタンダール・リエージュ(ベルギー)を退団。今シーズンが開幕しても所属クラブが決まらい状況が続き、代表でもメンバー外となっていた。これまで、イタリアやイングランドなどでトレーニングを行いながら加入するクラブを模索。今月に入って、ダンディー・Uと契約間近と報じられた。

 これには「良いニュースですね」と喜びを示したハリルホジッチ監督。「“あるクラブ”とほぼ合意まで達しています。そして労働許可証が必要だと。トレーニングは続けています」と同選手の状況を説明した。

「できるだけ早くプレーをしてほしい。自分のポジションを確保すること。そうしないとA代表には入れません。レベルとパフォーマンスが良くなければ代表には入れない」と激励のエールを送ると、「ただ、エイジのことはうれしい。あとはプレーするのを待つだけです」と代表復帰に期待を寄せた。

 日本代表は、同予選で12日にシンガポール代表と、17日にカンボジア代表と対戦する。今回招集されたGKは、浦和レッズの西川周作、ガンバ大阪の東口順昭が順当に選ばれ、サガン鳥栖の林彰洋がハリルホジッチ監督体制初招集となった。