写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Commvault Systemsは、同社の「Commvault Data Platform」におけるスナップショット管理機能が「Nutanix Xtreme Computing Platform(XCP)」にも対応したことを発表した。

このXCP対応により、スナップショット管理の複雑なライフサイクルを、1つのシームレスなフレームワークに統合し、ディザスタリカバリとデータアクセス向上によるビジネスへのサービス提供の合理化を提供することが可能となった。

なお、「Commvault IntelliSnap on Nutanix」は、2015年11月時点において、VMWare vSphere、Microsoft、Hyper-V環境で利用することが可能だという。