写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京糸井重里事務所はコスチュームアーティスト・ひびのこづえ氏の作品を3日限定で公開する個展「生きているコスチューム展 ひびのこづえのほぼ3日のできごと」を開催する。会期は11月6日〜8日。会場は同社運営のイベントスペース「TOBICHI2」(1階および2階)。開場時間は11時〜19時(※コスチュームを着たモデルが滞在するのは6日 17時〜19時、 7日、8日 13時〜17時)。

同展は、劇作家・野田秀樹氏の舞台衣装の制作を長らく務めるほか、アーティストのPVやテレビ番組の衣装なども手がけるコスチュームアーティスト・ひびのこづえ氏の個展。「誰かに着てもらって、ここにいてもらえたら」というひびの氏自身の意向から端を発して行われる企画で、コスチュームの実物を数点展示する。

また、会期中の11月6日には公開リハーサル(17時〜19時)を実施した上で、7日と8日はダンサー・稲川千鶴氏がひびの氏のコスチュームを着て会場内で時間を過ごす(ふつか共に13時〜17時)。コスチュームを身にまとった稲川氏に、ひびのさんと長年タッグを組んでヘアメイクを行っているesper.氏がメイクをほどこす場面から公開。会場のなかでは、音楽家・国広和毅氏がギターの生演奏を行う。

なお、同会場の1階はスペシャルショップとなり、ひびの氏が手がけた「ほぼ日刊イトイ新聞」関連製品(ホワイトボードカレンダー2016、新作ハラマキ)のほか、今回の展覧会限定で、カレンダーの「月の数字」のモチーフとなった「いきもののポーチ」を数量限定で販売するほか、新作の「けいとのぱんつ」や 「てぶくろ」「ケープ」「ワンピース」など冬のアイテムの先行販売を実施するということだ。