専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第28回

 今回は、簡単ながら、難しいテーマです。ゴルフの練習は、どんな感じでこなせばいいのか、です。

 練習すればするほどうまくなりますから、時間が空いているときは、どんどんやりましょう。私の知り合いには、シングルさんが何人かいますが、みなさん練習好きです。うまい人ほど、たくさん練習をして、いっぱいラウンドをしているのは、間違いないようです。

 ある程度技術を習得して、腕前が上がった人のゴルフ生活は、1年間でラウンドが50回以上、練習が最低50回。それで、シングルの腕前は維持できます。

 じゃあ、もっとうまくなろうとする人はどうか?

 そうですね、週2回練習すれば、相当うまくなるんじゃないですか。ラウンドは、毎週するのが理想。どこかの倶楽部のメンバーとなって、週末は必ずゴルフ場にいる、という生活でしょうか。

 たくさん練習する人は、進歩が早いというか、対応できる範囲が広がります。つまり、苦手クラブの克服とかですね。そういうところにも、積極的に踏み込んでいければ、ハンデキャップが上がっていきます。

 以上、ここまでが理想のお話です。

 現実は、週2回の練習なんてありえません。週1回すら無理なのに、ダメポです。

 まあ、アマチュアゴルファーのほとんどは、それが普通でしょう。でも、いいんです。私もそうですから。

 いろいろな事情があって、練習も、ラウンドも継続できない人がたくさんいます。そういう人向けに、最低限やるべきことを述べます。

 久々のラウンドだったら、プレー前日、あるいはその週に1回は練習しましょう。それは、ボールを打つ感覚をつかむために必要だからです。

 久しぶりにボールを打つと、ほんと信じられない球が出ます。シャンクだったり、大ダフリだったり、ず〜っとスライスだったりとか。それは、自分のすごく悪い面が一番初めに出てくるからです。

 でも、多少ゴルフをやっている方なら、「出たな〜、いつもの悪い癖」という按配で、10球くらいで調整し、そこそこ元に戻せます。そうして、ひとまず軽く矯正して、明日はなんとかラウンドできそうだなとわかったら、深追いせずに練習を止めて帰りましょう。打っても、せいぜい50球くらいでいいと思います。

 練習ってピークがありますから、アマチュアは次第に疲れて当たらなくなります。ほどほどがよろしいかと。

 そしてラウンド当日、ゴルフ場にドライビングレンジがあったら、ぜひ練習してください。なにしろ、プロの選手ですら、試合の朝は絶対に練習します。練習をしないでプレーするのは、自殺行為です。

 もし練習場がなかったら、仕方がないです。ショットは諦めて、アプローチやパターの練習をしてください。

 練習場がない場合は、素振りをやるのがよろしいかと。「そんなの意味あるの?」と思われるかもしれませんが、それが結構あります。スイングの際に、肩がしっかり入っているのか、その確認ができます。

 ドライバーをゆっくり振って、ほぼストレッチのつもりで、ぶらん、ぶらん、ぶらん、ぶらん......させましょう。自ずと肩の回りがよくなり、トップが深くなりますから。ボールがよく飛びますよ。

 ゴルフって、ボールが右に行った、左に行ったならまだ救われますが、チョロとか、ダフリで10ヤード前進とかは、シラケますよね。まったく練習しないと、得てしてそうなりがちです。そんなシラケたミスを防ぐのが、直前の練習と思ってください。

 アマチュアですから、今日の球筋はどんな感じかなって、その日にならないとわからないこともあるでしょう。でも、少しでも練習すれば、「今日はボールがよく曲がるな〜。あんまり振らないほうがいいかな」とか、多少方向性が見えてきます。

 80台を出せ、とは言いませんが、大叩きはしたくないですよね。せっかく丸一日使って、交通費込みで2万円弱くらい払って遊ぶのですから、気持ちよく遊びたい、ただそれだけだと思います。

 そのために、直前には1回でいいから練習しましょう。それが、ゴルフの神様に対する、最低限の礼儀だと思います。

【プロフィール】
■木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa