アイマールがクラブ・ワールドカップに臨む古巣にエール「バルサはリーベルに勝てない」

写真拡大

▽バレンシアやレアル・サラゴサ、ベンフィカ、リーベル・プレートなどでプレーし、7月に現役引退を表明した元アルゼンチン代表MFパブロ・アイマールが、クラブ・ワールドカップに臨む古巣にエールを送った。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽リーベル・プレートは、19年ぶりにコパ・リベルタドーレスを制し、12月に日本で開催されるクラブ・ワールドカップに南米王者として出場する。クラブ・ワールドカップには欧州王者のバルセロナが出場し、優勝候補筆頭に挙げられているが、アイマールはバルセロナが勝つとは限らないと地元ラジオ番組「エル・パジャッソ」で語った。

「ヨーロッパの長いリーグでは、強さを保ち続けるのはとても難しい。ほとんど不可能だと思う。僕はレアル・マドリーやバルセロナ、バイエルンがどれだけ負けないかを知っている。でも、1試合であれば問題は変わってくる。想像では、バルセロナはリーベルに勝てないだろう」

▽リーベル・プレートは前身のトヨタカップに2度出場した経験があり、1986年にはステアウア・ブカレスト相手に1-0で勝利、1996年にはユベントスと対戦し0-1で敗戦している。