写真提供:マイナビニュース

写真拡大

"自分を見るアイウェア"としてジェイアイエヌが打ち出した「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」が11月5日、発売された。発売に合わせて同日、同商品の旗艦店となる「JINS MEME フラッグシップストア 原宿」が東京都・原宿にオープン。本稿では、その内覧会レポートをお届けする。

JINS MEMEは、独自に開発された2つのセンサーで、目の動きや姿勢、身体の動きを捉えて、身体の疲労度合や集中力などを推定し、数値化やビジュアルで表示して可視化するセンシング・アイウェアだ。

製品は、人間の眼球の角膜の電位を感知する"3点式眼電位センサー"と、加速度とジャイロセンサー(角速度センサー)から成る"6軸センサー"を装備した「JINS MEME ES」と、6軸センサーのみを搭載するスポーツサングラスタイプの「JINS MEME MT」の2種類がラインナップする。メガネ型のデバイスはあくまでセンシング用で、実際にはそれぞれのデバイスで取得したデータをスマートフォンのアプリ側で受け取り、閲覧する仕組みだ。

○アタマとカラダの年齢をチェック

発売時に提供されるアプリは、まずは製品の起点となる「JINS MEME App」。東北大学加齢医学研究所所長の川島隆太教授の監修により開発された"アタマ年齢"と"カラダ年齢"を、3点式眼電位センサーと6軸センサーから得られた眼や身体の動きの情報をもとに、心身のバランスを分析し、可視化を行うとともに、改善に向けたアドバイスを表示する。

○ドライバーの居眠り運転を防止

2つ目が運転中の眠気を推定するドライバー向けアプリ「JINS MEME DRIVE」。3点式眼電位センサーにより瞬きの頻度や強度、タイミングなどを検知し、独自のアルゴリズムをもとに眠気を推定し、眠気のレベルを3段階で通知し、ドライバーの安全運転をサポートするというものだ。

従来、同様の技術はカメラを使用してドライバーの運転状態を検出するといったものが主流だったが、この場合、ドライバーの位置や向き、夜間や逆光などの明るさの条件によっては視線を捕えにくいという弱点があった。メガネタイプでの眼電位センシングにより、手軽に安定した測定が行えるのがメリットだ。

○ランナーに効率の良い走りを伝える

3つ目のアプリが「JINS MEME RUN」。ランニングフォームを可視化するためのアプリで、6軸センサーにより計測を行うため、発売時点においては「JINS MEME MT」で唯一利用可能なアプリでもある。6軸センサーで捕えた頭の動きのデータを独自のアルゴリズムで解析したランニングフォームを可視化することにより、効率の良い走り方につながる安定したフォームへの改善を導くのに役立てることができる。

JINS MEMEでは、今後も2016年1月から配布予定の体幹のトレーニングをサポートする「JINS MEME CORE TRAINING」をはじめ、順次対応アプリを追加していく方針。フィットネスや音楽・エンターテイメントなど様々なカテゴリーで、同製品を活用したソリューションを展開していく。

また、同製品の製品の世界観やアプリの機能をより深く理解するための次世代型旗艦店という位置付けでこのほどオープンしたのが「JINS MEME フラッグシップストア 原宿」。同店では、製品のタッチ&トライはもとより、店舗全体の空間を活かした体験型のインスタレーションや、アプリ開発者や研究者に向けての情報発信やサポート・意見交換の場となる「DEVELOPER'S STAND」が設けられているのが特徴だ。

製品価格(税別)は「JINS MEME ES」が3万9,000円と、「JINS MEME MT」が1万9,000円。旗艦店をはじめ、全国38のJINS店舗で販売される。

(神野恵美)