化粧品の表示でよく目にする「シアバター」。保湿によい成分として注目されていますね。シアバターが配合されている商品を意識して選んでいるという人も少なくないでしょう。ここでは、シアバターの成分と使いかたを詳しくご紹介します。

シアバターってどんな成分?

シアバターは、アカテツ科のシアーバターノキという植物の種から採取される油脂です。常温でも固形なので「オイル」ではなく「バター」の名前がついています。シアーバターノキが育つのは、ナイジェリア、マリ、ブルキナファソ、ガーナなどのアフリカの国々。現地では、古くからやけどや切り傷の治療、日焼け止め、かゆみ止めなど肌のトラブルの予防・治療や筋肉痛、脱毛の予防にも使われてきました。天然の植物性油脂なので赤ちゃんのスキンケアにも安心。食用や燃料としても使われています。

シアバターが優れている理由

シアバターには脂肪酸が豊富で、ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸、パルミチン酸などが含まれます。人間の皮脂にごく近い成分なので、肌にすぐになじんでしかも長い時間保湿力が続くのが嬉しいポイント。主成分のステアリン酸には強い抗酸化作用もありますし、抗酸化作用を持つトコフェノール、抗酸化作用や皮膚・粘膜再生作用のあるカロテノイド、保湿成分を持ち炎症を鎮めるトリテンペンアルコール、肌荒れを改善するアラントインなども含まれています。

シアバターの上手な使いかた

シアバターは手のひらに伸ばして少し温めると少量でもよく伸びます。量が多いとべたつくので、少しずつ使っていきましょう。シアバターはニキビ跡の改善やシミの予防にも効果的です。シャンプー後、コンディショナーを使うまえにシアバターで数分ヘアパックしたり、髪を洗ったあとのヘアクリームやヘアワックスの代わりに使ったりすることもできます。荒れやすい唇のケアにもなりますし、紫外線を吸収するケイ皮酸のエステル成分の効果で軽い日焼け防止にも。市販の日焼け止めの下に塗ると肌を保護できます。1つ持っていれば全身に使えますから、この冬はシアバターでもっちり美肌、美髪になってくださいね!


writer:松尾真佐代