写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トレンドマイクロはこのほど、10月に中国、台湾、日本のAndroidユーザーを狙った不正な成人向けアプリを確認したとしてセキュリティブログで注意を促している。

不正アプリは、インストールすることで別のアプリを追加する機能を搭載する。不正アプリにはカーネルドライバに存在する複数の脆弱性を狙うエクスプロイトコードを含み、脆弱性を利用してルート権限を取得しようと動作する。

追加アプリはさまざまな種類があるが、成人向け動画のプレーヤーを装ったアプリの場合は、起動して動画の領域をタップしても再生することができず「SMSのメッセージ(テキストメッセージ)」が送信される。それだけでなく、表示される料金の支払い画面に同意して料金を支払った場合、アプリが繰り返し支払いを要求するようになる。

偽の出会い系アプリの場合は、ユーザーとの出会いを歓迎するメッセージが届くので(実際はボットが送信)、それに返信をしようとすると、月額16ドルが請求される。

不正なゲームアプリの場合、偽のダウンロードマネージャを作成する。ダウンロードマネージャは「端末管理者」として登録し、ユーザが容易に削除できないようにする。ユーザーが不正アプリを停止しようとしても、不正アプリが画面をロックする仕様になっている。また、偽の広告もダウンロードする。

今回の攻撃は、不正アプリをダウンロードする際に接続するWebページのURLから、中国・杭州にあるアプリの広告会社が大きく関係していると見られている。アプリの開発者がこの広告会社に依頼し、不正アプリを拡散させた可能性が高い。

万が一、不正アプリをインストールした場合、端末を工場出荷時の状態に戻すことでアプリを削除できる。トレンドマイクロは、Android端末の利用者にGoogle Playなどの公式なアプリストア以外でダウンロードしないように呼び掛けている。