ネイマール&スアレス弾で完勝のバルサがGS突破へ王手《CL》

写真拡大

▽バルセロナは4日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第4節でBATEボリソフを本拠地カンプ・ノウに迎え、3-0で完勝した。

▽前節アウェイでのBATEボリソフ戦を2-0と快勝し、2勝1分けで首位に立つバルセロナ(勝ち点7)。そのバルセロナは4日前に行われ、2-0と勝利したヘタフェ戦のスタメンから5選手を変更し、イニエスタが先発に復帰した一方でピケとジョルディ・アルバがベンチスタートとなった。

▽セルジ・ロベルトを右ウイングに配す[4-3-3]で臨んだバルセロナが、[4-4]の守備ブロックを自陣に形成してカウンターを狙うBATEに対し、開始4分に最初の決定機を演出する。バイタルエリアでボールを持ったネイマールが浮き球のパスを送ると、ボックス左で受けたスアレスが胸トラップからシュート。しかし枠の右に外れてしまった。

▽敵陣でポゼッションし、ピッチを大きく使ってBATEの体力を削りにかかるバルセロナは、ダニエウ・アウベスのオーバーラップと、ネイマールの仕掛けを軸に打開を図る。すると15分、スアレスのスルーパスに抜け出したネイマールがGKと一対一になりかけたが、トラップが大きくなって飛び出したGKに処理され、シュートを打ちきれない。

▽17分にスタセビッチの直接FKをGKテア・シュテーゲンが防いだバルセロナだったが、19分にラキティッチが右足ふくらはぎを痛めてムニルとの交代を強いられてしまう。ムニルは右ウイングに入り、セルジ・ロベルトが右インサイドMFの位置に下がった。

▽ラキティッチを失った中、一方的な展開に持ち込んでいたバルセロナは29分にも決定機を演出。ボックス手前左のネイマールが浮き球のフィードを送り、ムニルがボレーシュート。しかし、わずかに枠の上に外れた。しかし直後の30分、ムニルがスアレスとのワンツーでボックス右に進入したところでムラデノビッチに倒されてPKを獲得。これをネイマールが決めて先制した。

▽さらに35分に追加点に迫ったバルセロナは、ネイマールの浮き球パスをボックス左に走りこんだアドリアーノが受けてシュート。しかし、左ポストに阻まれてしまう。スタセビッチの右サイドからの仕掛け以外に攻め手のないBATEを尻目に圧倒するバルセロナは、追加タイム1分にもネイマールのヘディングシュートでゴールを脅かすも、バーの上を超えてゴールならず。前半を1点のリードで終えた。

▽後半も同様にボールを保持して押し込むバルセロナは、51分に決定機を演出する。左CKをニアのヴェルメーレンがヘッドで逸らし、ファーサイドのスアレスがプッシュ。しかしGKの身体を張ったセーブに阻まれた。それでも60分、カウンターから追加点を奪いきる。左サイドを持ち上がったネイマールのパスを、ペナルティアーク中央のスアレスが巧みなトラップでミルノビッチを外し、トゥキックでシュート。意表を突いたフィニッシュがゴール左に決まった。

▽さらに67分、右サイドのムニルのクロスをボックス左で受けたネイマールがトラップからシュート。だが、枠の右を捉えていたシュートはGKにセーブされてしまう。その後、イニエスタを温存してバルトラを投入したバルセロナは、マスチェラーノをアンカーに上げる。

▽68分のネイマールの華麗なジャンピング左足ボレーはわずかに枠を捉えきれなかったバルセロナだったが、流し気味に試合を運ぶ中、83分に決定的な3点目を奪う。スルーパスを受けたスアレスが独走し、ボックス右角に進入したところでクロスを供給。ファーサイドから中へ駆け込んでいたネイマールが難なく押し込んだ。そのまま3-0で試合を終わらせたバルセロナが、次節ローマ戦で1ポイントを積み上げればグループステージ突破となる状況に持ち込んだ。