3日、中国のインターネット上に、「日本を初めて訪れた外国人が驚く10のこと」と題する記事が掲載された。写真は東京から見た富士山。

写真拡大

2015年11月3日、中国のインターネット上に、「日本を初めて訪れた外国人が驚く10のこと」と題する記事が掲載された。

【その他の写真】

中国人を始めとして、日本を訪れる外国人観光客が右肩上がりに増加を続けているが、このたび、外国人が日本で見て驚くものとして、10の物・事が紹介されている。外国人はどんなことに驚くのだろうか。

1.食べ放題
日本の食べ放題は2種類。自分で料理を撮りに行くタイプと、店員に注文するタイプで、多くは後者が採用されている。ほぼすべての焼肉店にはこの「食べ放題」が存在し、時間内であれば好きなだけ注文できる。

2.宅配便の再配達サービス
日本のサービスの細やかさをよく表している。日本の宅配業者は、どこでも再配達を行ってくれるが、クロネコヤマトは他社とは異なる。不在連絡票にネコの耳の形を模した切れ込みが入っており、目の不自由な人でもクロネコヤマトの連絡票であることがわかるように工夫しているという。

3.自動販売機の種類が多い
日本には飲料だけでなく、さまざまな自動販売機が存在する。なかには、アイスクリーム、お菓子、酒、たばこ、野菜、傘、おもちゃ、書籍、調味料といったものまである。

4.コンビニのサービス
日本のコンビニが他国と異なるのは、そのサービスの幅だ。買い物ができるだけでなく、各種のチケットが買えたり、光熱費の支払いができたりする。また、欧州では深夜には酒やたばこの販売が禁止されている国もあるが、日本では24時間いつでも購入可能だ。

5.渋谷のスクランブル交差点
東京を訪れたことのある人なら、必ず印象に残るはず。渋谷は東京随一の繁華街で、人が入り乱れるその様子は、外国人だけでなく地方から上京した日本人でも驚くほどだ。

6.立ち食いそば
客は立ったままそばを食べるが、その様子に多くの外国人観光客は驚きを隠せない。多くの客が急いでいるため、食べ終わるとすぐに店を出て行く。忙しい現代人にとって非常に便利だ。

7.カプセルホテル
一般に日本のサラリーマンや、旅行で来た外国人が利用することが多い。狭いが宿泊費は安く、なかなか快適であるため人気になっている。

8.自転車
日本では、交通網が発達した東京でも自転車に乗る人が多く、駅には自転車専用の駐輪場がある。電車に乗り換えるためだ。前後に子ども用の座席を設置することができ、子どもを乗せたり、荷物を置いたりして移動するのに便利だ。

9.温水洗浄便座
日本の温水洗浄便座は大人気だ。洗浄機能のほか、便座が温かくなる機能もあり、冬場には非常にうれしい。日本のトイレが世界で称賛される理由である。

10.アイスコーヒー
日本人はアイスコーヒーを好む人が多い。特に夏にはのどを潤しながら気分転換もできることで人気だ。観光客の間でも、日本のコーヒーは味がいいと評判である。(翻訳・編集/北田)