「こらぼ 印伝万年筆」(瓢箪柄 1万584円)

写真拡大

 高級筆記具の代名詞ともいえる万年筆。ドイツのモンブラン、スイスのペリカン、日本ではパイロットやセーラーなど老舗ブランドの製品が世界中で愛されている。

「どれも素晴らしいですが、私たちはもっと日本らしい、日本でしか作れない和の筆記具を作ってみたいと考えたのが、“印伝”に注目したきっかけです」

 そう話すのは、東京・上野桜木の伝統工芸雑貨店「こらぼ」代表の石井俊輔さん。この会社は、元々は広告制作プロダクション。あるきっかけで葛飾区伝統産業職人会の伝統工芸品を海外や日本に紹介するサイトを立ち上げ、職人たちとの交流が深まったことをきっかけに、伝統工芸と町工場をコラボレーションさせた商品を生み出すようになった。

「葛飾には江戸時代から続く伝統工芸の職人さんがたくさんいます。町工場も多く、筆記具関連のパーツを生産しているところもあります。この2つが組めば、葛飾オリジナルの筆記具が作れると確信しました」(石井さん・以下同)

 印伝は、インド伝来の鹿革製品。やわらかい鹿革に模様を色染めしたもので、古くは鎧の胸板や兜の吹き返しなどに使われてきた。その後、漆で染め付ける日本独自の技法が創案され、今に至る。

 葛飾区では、創業80年の「印伝矢部」の伝統工芸士・矢部恵延さんが、印伝を作り続けているが、今までは信玄袋や財布、ベルトなどの革小物として加工されることが多かったという。それが2011年、職人の矢部さんと石井さんのアイディアにより、今までにない印伝の筆記具が誕生した。それが「こらぼ 印伝万年筆」(瓢箪柄 1万584円)だ。

「しなやかな鹿革にのせた漆は、適度な盛り上がりがあるため、グリップのような役割を果たします。また、同じように見える革も天然のものなので個体差があり、金具と革の間に薄紙を入れたり、革の厚みを削ったりして調整が必要なので、すべて手巻き。年間にわずか1000本余りの生産ですが、外国のかたにも人気です」

※女性セブン2015年11月19日号