目の充血は自己診断せず早めに眼科を受診 (shutterstock.com)

写真拡大

 朝起きたら目やにで目が開かない、ゴロゴロする、鏡を見たら白目が真っ赤になっている――。そんな症状があったら、「はやり目」かもしれません。

 10月13日、国立感染症研究所は、感染症発生動向調査の結果を発表し、その中で、流行性角結膜炎(はやり目)の患者が前週に比べ、全国で約1.3倍に増加していることを報告しました。

 流行性角結膜炎は、アデノウイルスによる感染症です。感染者が触れた物に接触することで感染します。家庭内であれば、タオル、食器、ドアノブなど、職場であれば、筆記具、キーボード・マウスなども要注意です。その他、電車のつり革、エレベーターの手すりなどに触れても感染することもあります。

 家庭内、学校、職場に目が赤い人がいたら注意が必要ですが、ウイルスの潜伏期間は1〜2週間程度なので、周囲に目が赤い人がいなくても、いつ誰から感染したかは分からないことが多いです。

乳幼児が重症化すると後遺症を伴うことも

 その症状は、発病から約1週間後に、角膜の表面に傷や濁りができ、まぶしさや見えにくさの原因になることがあります。最初は片目だけに症状が出ても、のちにもう片目にも症状が出てくることが多いです。

 充血や目やになどの症状は約2〜3週間で軽快しますが、角膜の濁りは数か月治療が必要になることもあります。充血が取れたからといって治療を中止すると、角膜の濁りが後遺症として残ることあります。治癒したことを医師から告げられるまでは、自己判断しないことが大切です。

 はやり目では、まぶたの裏の結膜に「偽膜」ができることがあります。除去しないと、結膜と眼瞼(まぶた)の裏が癒着(瞼球癒着)することもあり、その場合は、眼球の動きが悪くなり、物がだぶって見えるようになることがあります。

 特に、乳幼児では重症化することが多く、「痛そう、泣いて可愛そう」だからといって点眼をきちんと行わなかったり、診察に行かなかったりすると、重篤な後遺症を伴うことがあるので、眼科医の指示通りに治療・通院することが大切です。

感染拡大を防ぐために重要なことは?

 学校保健安全法では、流行性角結膜炎に罹った児童や生徒は、症状が改善し医師の許可が出るまで出席停止となります。出席停止の期間はおおむね1〜2週間となりますが、結膜炎の程度や症状により異なるので、眼科医とご相談ください。成人は、特に決まりはありませんが、感染拡大防止のマナーとして、はやり目に感染したことを職場に報告し、就労の可否を相談してください。

 予防は、流水による手洗いが最も効果があります。また、目が赤い人の触れた物には触らない、共有しない。家庭内では、目が赤い人は最後に入浴する、タオルは別にすることも大切です。

 重症化してから受診する人の中には、コンタクトが合わないから充血した、二日酔いで充血したなどと自己判断をしてしまい、受診が遅くなった人がいます。

 片目だけ充血し、目やにで目が開かない、ゴロゴロする、眩しいなどの症状があったら、早めに眼科を受診することが自分のためでもあり、感染拡大の防止にもなります。

高橋現一郎(たかはし・げんいちろう)
東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授
1986年東京慈恵会医科大学卒業、98年東京慈恵会医科大学眼科学教室講師、2002年Discoveries in sight laboratory, Devers eye institute(米国)留学、06年年東京慈恵会医科大学附属青戸病院眼科診療部長、東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授、2012年より東京慈恵会医科大学葛飾医療センター眼科診療部長。日本眼科学会専門医・指導医、東京緑内障セミナー幹事、国際視野学会会員。厚労省「重篤副作用疾患別対応マニュアル作成委員会」委員、日本眼科手術学会理事、日本緑内障学会評議員、日本神経眼科学会評議員などを歴任。