<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 事前情報◇4日◇総武カントリークラブ 総武コース(7,123ヤード・パー70)>
 明日5日(木)に開幕する国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」、この大会には米国を主戦場とする今田竜二が7月以来となる国内ツアー参戦をはたす。
国内男子ツアーを写真で振り返る
 今田はこの4か月は「アメリカで練習かラウンド、ミニツアーにも一回出ました」。この大会に合わせ2週間前に帰国し、この日はプロアマ戦に出場。「楽しいですね。今は試合に出していただけるのが楽しくて」と推薦してくれた主催者に感謝の言葉を口にしていた。
 米国では08年に「AT&Tクラシック」を制したが、その後はシードを失うなど苦しい戦いが続いている。昨季の米ツアーは過去の優勝者の資格などで4試合に出場するもいずれも予選落ち。少ないチャンスを生かすことができなかった。
 来季に関しては「まだ決めかねているところ」だという今田。日本のQT、米国下部ツアーのQTに出る予定はなく、今年同様米国では自分の資格で出られる試合、日本では推薦をもらえた試合に出て行くという。拠点を日本に移す予定も「今年、来年はないですね」。試合勘を保つためミニツアーに時折出ながら、再びPGAツアーに戻るチャンスを待つという。
 今週は久しぶりの母国の大会で「とりあえず予選通過」を第一に目指す。ここで結果を残せれば、今後に繋がることも出てくるはず。復活への第一歩を母国で踏み出すことができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>