Doctors Me(ドクターズミー)- 乳幼児の「任意接種」全部打つべき!?任意接種まとめ

写真拡大

赤ちゃんが生まれて、新米パパ、ママが戸惑うことは数多くありますね。
中でも、特に悩ませることの一つが予防接種のスケジュールではないでしょうか。

現在日本で定期接種(基本的に必ず受けなくてはいけない、無料のもの)とされているものだけでも、かなりの数があるうえに、そのうちの多くが複数回接種となっています。
関連:【たくさんあって分からない!】乳幼児の定期接種まとめ

赤ちゃんが体調を崩している時はもちろん接種できず、組み合わせによっては同時接種できなかったり、一定期間間隔をあけなくてはならないなど様々な制限もあって、本当にスケジュールを組むのは大変です。

ただ、定期接種の場合は、特別な事情がない限り、皆さんがほぼ必ず受けるものなので、かかりつけの小児科で日付を指示してくれたりすることも多いようです。

そこで気になってくるのが、任意接種のワクチン。今回は、任意接種のワクチンの必要性について、医師に解説していただきました。

任意接種にはどんなものがある?

任意接種の場合、費用も個別に発生し、強制されるものではないだけに、打つほうがよいのか、そうでないのか、皆さん大いに迷われるようですね。日本で任意接種となっているものには、

・B型肝炎ワクチン
・ロタウイルスワクチン
・おたふく風邪のワクチン
・水痘ワクチン

などが挙げられます。
少し前までは任意接種だったもので、最近定期接種になったヒブワクチンや肺炎球菌ワクチンなどもありますので、常に最新の情報を確認する必要があります。

ワクチンの副作用が気になる…!

もちろん、低い確率ではありますが、ワクチンを打つことで重い副作用が出ることもありえます。
最終的にはご両親の判断ということにはなりますが、医療の立場からいえば、やはり今後の重い病気の感染や、感染後の重篤化というリスクを大幅に下げてくれるのがワクチンです。

とくに、保育園など特に集団生活を行う予定のある赤ちゃんには、理由がない限りできれば打っておくことをお勧めします。

最近はワクチンの副作用が話題になることが多く、副作用が怖くて、というご両親が多くみられます。小さなお子さんを前にして十分理解できる風潮ではあると思いますが、ワクチンを受けないことでかかる可能性のある感染症の恐ろしさについても今一度、ご家庭で話し合い、任意ワクチン接種の可否を決断していただきたいと思います。

【医師からのアドバイス】

日本の定期接種のワクチンの種類は、例えばアメリカなどと比べると非常に少ないものです。今後、政府で費用をカバーしてくれるワクチンが増えていけばいいですね。

(監修:Doctors Me 医師)