チャラリー鼻から白身〜 キッチン便利グッズ『ブギーマンエッグセパレーター』がアウト過ぎる

写真拡大

見ているだけで食欲減退をさそう、キッチン便利グッズ『ブギーマンエッグセパレーター』が話題になっていました。写真をみておわかりのとおり、カップの中に入れた卵を、カップを傾けることで鼻から白身だけ出して分離してくれる商品。ただそれだけなのですが、使用中の見た目のインパクトや……。

【関連:冷めたコーヒーとはおさらば!デスク用USB紙カップウォーマー誕生 缶コーヒーにも使えるって】

ブギーマンエッグセパレーター

ネットにある使用者からの感想によると、2個入れると黄身が割れやすい話も。どうも便利グッズという肩書きの便利じゃないグッズのようです。

日本でも購入することができ、1個2000円前後で販売されています。購入する場合には、実用性は無視して、あくまでネタグッズと割り切って買った方がよさそうです。

ちなみに卵を黄身と白身に分離させる方法は、殻を使ったスタンダードな方法以外に、空になったペットボトルを使った方法もおすすめです。お皿に卵を割り入れて、空のペットボトルを押して放したときの吸引力で黄身だけとる方法。スッポンスポッポン気持ち良くとれるのでやみつきになります。個数が多い時には特に便利です。

※「チャラリー鼻から白身〜 キッチン便利グッズ『ブギーマンエッグセパレーター』がアウト過ぎる」はおたくま経済新聞で公開された投稿です