イ・ボミ、今週で賞金女王を決めてしまうのか?(撮影:福田文平)

写真拡大

<TOTOジャパンクラシック 事前情報◇4日◇近鉄賢島カンツリークラブ(6,506ヤード・パー72)>
 11月6日(金)から三重県にある近鉄賢島カンツリークラブを舞台に開幕する日米共催競技「TOTOジャパンクラシック」。今大会で賞金女王戴冠の期待がかかるイ・ボミ(韓国)がプロアマ戦に出場した。
昨日はドレス姿で選手歓迎レセプションに登場!
 現在賞金ランク1位のボミが今週2位のテレサ・ルー(台湾)に5,196,135円以上差をつけることができれば、賞金女王の座が確定する。3試合を残しての女王決定は、1997年の福嶋晃子、2000年、2003年の不動裕理、2006年の大山志保と並ぶ最速タイの記録。だが、自身としては「賞金女王を早く決めたいというよりも、2億円を突破したい気持ちの方が強いですね」と母親と立てた目標の方に比重を置いている。
 先週はオープンウィークとして韓国へ帰国、昨日日本に戻ってきた。約1ヶ月ぶりの母国では、「自宅でゆっくりできたし、友達とたくさん遊んだり妹とショッピングしたりしました」とラストスパートに向けて英気を養った。
 「ショットの感じはまだまだですが、もう少し練習すれば大丈夫だと思います」と今日のプロアマ後もショット、パットを入念に調整した。今大会で優勝することができれば賞金女王、そして獲得賞金2億円突破を同時に達成できる。「プレッシャーはあるけど、楽しくゴルフしたいですね。自分のプレーに集中して頑張りたいです」。記録樹立、そして悲願の賞金女王へ。機運は高まるばかりだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>