写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シーメンス・ジャパン(シーメンス)は11月4日、新型PET・CTシステム「Biograph Horizon」の販売を同日より開始すると発表した。

Biograph Horizonは高品質と評される同社のPET・CTシステム「Biograph mCT」と同じHi-Rez LSO検出器を採用。また、ノイズを大幅に削減するTOFテクノロジーや高速の画像再構成エンジンを搭載し、腫瘍領域のみならず、心臓や頭部領域においても高分解能PET画像を描出し、より正確で効率的な検査を行うことができる。さらに、電力の消費を抑えトラブルを予防するeMode機能により、運用コストを削減し、病院経営の効率化も支援するとしている。

同社は「Biograph Horizonは、Hi-Rez LSO検出器を搭載することによって高い定量性を保ったまま、様々なPET核種に対応することが可能なため、PET・CT検査にさらなる自由度をもたらします」とコメントしており、次の10年を見据えた次世代製品として位置づけている。なお、年間の販売目標台数は20台としている。