オープン直後のJINS MEMEフラグシップストア原宿の様子

写真拡大

眼鏡店「JINS」を展開するジェイアイエヌは2015年11月3日、センサー搭載アイウェア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を、同製品の専門店、JINS MEMEフラグシップストア原宿(東京都渋谷区)にて5日の一斉発売に先行して、先着50人限定で売り出した。

5日からは全国のJINSショップ38店舗とオンラインショップで販売する。

フレームにセンサーを搭載、スマホと連携してアプリが動く

JINS MEMEの見た目は普通の眼鏡と変わらないが、眼球の動きによって生じる微細な電位差を読み取るセンサーをフレームに組み込んでいる。Bluetoothでスマートフォンにデータを送信、専用アプリケーションと連動して身体と心の状態を解析・可視化する。iOS向けアプリは5日からApp Storeで公開され、Android向けアプリは16年1月から配信する予定。

今回発売されるのは2種類。ウエリントンタイプの「JINS MEME ES(イーエス)」は3点式眼電位センサーと6軸センサーを搭載し、重さは約36グラム。価格は3万9000円(税別)。追加料金で度付きまたはPCレンズに変更可能だ。スポーツサングラスタイプの「JINS MEME MT(エムティ)」は6軸センサーのみ搭載で、重さは約45グラム。価格は1万9000円(同)。有料でクリアレンズに交換できる。

同社マーケティング室の渡辺里実さんによると、「通常の眼鏡フレームと同じ強度テストを実施しており、よほど乱暴な使い方をしない限り普通にお使いいただけます」とのこと。

開店前に整理券配布枚数に達する

3日の先行発売イベントは、特典として購入者全員にオリジナルTシャツがプレゼントされた。さらにレンズ交換に無料で応じることもあって、遠方から夜行バスで来店した人もいたほどだった。店頭でスタッフが整理券を配布したところ、開店前に限定数の50人に達した。1番初めにゲットした男性は7時30分に到着したそうだ。長い行列を見ながら通行人は「えっ、なにこれ!?」「JINSから新商品が出るみたいだよ」と次々につぶやいていた。

先行発売は13時にスタートした。ほとんどの客は実物に触れるのがはじめてで、スタッフの説明に熱心に耳を傾ける。店内ではデモ機を装着してスマホアプリを動かすことができる。例えば、「JINS MEME RUN」はランニングフォームをチェックし、バランスの崩れを図とデータで教えてくれる。その場で足踏みをし、結果の画面を見た体験者は、精度の良さに驚きの声を上げた。

歯科医の男性(33)は、眠気を推定するドライバー向けアプリ「JINS MEME DRIVE」を使いたくて購入したと話す。

「JINSの眼鏡は何本か持っています。展示品をかけてみましたが、想像していたよりも軽く、日常使いでもいけそう。車を持っているので居眠り運転防止に使いたい。せっかくなのでPCレンズに交換しようと思います」

JINS MEME DRIVEは目の動きを感知し、眠気を3段階のレベルで知らせてくれる。計測の開始から終了までの過去の走行距離とドライバーの状態を記録するモードも搭載している。

ジェイアイエヌはアプリ開発ツールを無料で配布している。今後は技術者向けの情報提供やイベントを行っていく。

「JINS MEMEとソフトバンクの人型ロボット『ペッパー』が連携したら面白いですよね。眼鏡使用者の目が疲れてきたら、ペッパーが『どうしたの?』と声をかける――。われわれが想像もつかないアイデアを具現化してくれたら、技術者にとってもビジネスチャンスになるのではないでしょうか。フラグシップストア原宿はその拠点にしたいと考えています」(渡辺さん)