【ポン酢】全国「変わり種ポン酢」8種食べ比べ! カキぽん、ニンニクぽん…最も好評価だったのは?

写真拡大

スーパーなどをのぞくと、さまざまな種類のポン酢が並んでいますね。しかし実はこのほかにも、地方でしか売っていないポン酢やお取り寄せで手に入れることができるポン酢などもあります。

ニンニクぽん、カキぽん、ニヌアぽん…全国変り種「ポン酢」を全部見る【写真11枚】

そこで今回は、ユニークなポン酢を集めてみて、実際に鍋料理に使ってみました。原材料などに、その地方独特の素材が使われているものが多くあります。ひょっとすると、懐かしいと感じる人もいるかもしれませんね。

まずは、8種類のエントリーポン酢を紹介します。

地方独特の品も! 全国の“変り種”ポン酢

1 ミツカン 味ぽん 360ml

販売元:ミツカン(愛知県)
実売価格:250円前後
100ml当たりのカロリー:63kcal 食塩相当量:8.34g

皆さんご存じのスタンダードなポン酢。今回はちょっと変わったポン酢のラインアップなので、あえてベーシックな「味ぽん」が比較用としてエントリーしています。安価かつどこでも購入できるのがいいですね。

2 シークヮーサーぽんず 250ml

販売元:座間味こんぶ(沖縄県)
実売価格:650円前後
100ml当たりのカロリー:記載なし 食塩相当量:記載なし

沖縄発の柑橘類、シークヮーサーの果汁を使ったポン酢です。サワーなどで飲んだことがある人もいるかと思いますが、ポン酢は珍しいですね。カツオだしがベースになっています。

3 瀬戸内の風 はっさくレモンぽん酢 200ml

販売元:純正食品マルシマ(広島県)
実売価格:580円前後
100ml当たりのカロリー:59kcal 食塩相当量:5.8g

瀬戸内産のはっさくとレモンを使ったさわやかなポン酢。うまみ調味料や各種のエキス類は使っていません。はっさく(八朔)は、実は販売元のある広島県尾道市が原産だそうです。なお産地限定のはっさくを使用しているので、数量限定の商品です。

4 柚子こしょうポン酢 250ml

販売元:オジカソース工業(京都府)
実売価格:470円前後
100ml当たりのカロリー:72kcal 食塩相当量:5.8g

柚子こしょうに加えて赤唐辛子も使用した、ピリッとした味わいのポン酢。柚子こしょうはもともと九州を中心に使われていた調味料ですが、最近では全国的に食されるようになりました。ちなみに柚子こしょうの“こしょう”とは青唐辛子のことです。

5 キヌアぽん酢 360ml

販売元:丸秀醤油(佐賀県)
実売価格:1700円前後
100ml当たりのカロリー:37kcal 食塩相当量:記載なし

キヌアは、最近話題の南米産の食材。タンパク質、ミネラル、ビタミンなどが豊富で、健康食品として注目されています。あのNASAも理想的な宇宙食としているそうです。

この「キヌアぽん酢」は、キヌアから作られたキヌア酢とキヌア醤油を使った製品。従って、一般的な醤油や酢に使われる大豆、米、麦がまったく使われていません。例えば大豆アレルギーの人でも安心して食べられます。

6 的矢かきのぽん酢 360ml

販売元:ミエマン醤油西村商店(三重県)
実売価格:540円前後
100ml当たりのカロリー:記載なし 食塩相当量:記載なし

三重県の的矢湾で採れたカキを使ったポン酢。長期熟成されたカキのエキスが配合されているということで、カキの旨味が期待できますね。柑橘類としては、四国産の柚子、スダチ、ユコウを使用。

7 薩摩ぽん酢 250ml

販売元:ヤマエ食品工業(宮崎県)
実売価格:430円前後
100ml当たりのカロリー:97kcal 食塩相当量:6.6g

喜界島のゴマ、奄美の黒砂糖、鹿児島県の末吉の柚子が入ったポン酢。ゴマがたっぷり入っているのが特徴的です。カツオのほかに鶏のだしも使っているとのこと。九州の醤油を使用した「甘口タイプ」となっています。

8 黒にんにく ぽん酢 190ml

販売元:うれし野ラボ(三重県)
実売価格:540円前後
100ml当たりのカロリー:約80kcal 食塩相当量:約6g

三重県産の無臭黒にんにくを使ったポン酢。柑橘類としては、レモンとオレンジとの自然交雑によって生まれたといわれるマイヤーレモンを使っています。このポン酢、三重県にある相可高校調理クラブとの共同開発で生まれたものだそうです。

鍋を用意して、いよいよ実食!

6人の鍋好きが集まり、実際にポン酢を試してみることにしました。

鍋はシンプルに常夜鍋。だしは昆布のみ。具は豚肉、ほうれん草、ネギ、豆腐となっています。3ステップ程度で作れるので、料理が面倒なときにもぴったりなメニューです。

それでは、早速感想を聞いていきましょう。出席者の独断による5段階での総合評価も合わせて紹介しています。

1 ミツカン 味ぽん
「オーソドックスな味です」
「豆腐にも肉にも合う!」
「まさにポン酢、という感じ。」
「ストレートで飲んでみよう! う、これは味ポンだ」

食べ慣れた味ということでおおむね好評です。しょっぱさと酸味のバランスがいいですね。鍋以外の餃子などにも合いそうです。安価なのも◎。ポン酢の食べ比べの基準となる味です。
総合評価:★★★★


2 シークヮーサーぽんず
「あっさりしている味」
「シークヮーサーの香りは、あまり感じられないね」
「豆腐にはあまり合わない」
「サラダに合いそう。スッキリしています」
「ストレートで飲んでみよう! 思ったより、まろやかだね」

色は薄めで酸味は弱めですね。シークヮーサーの味はかすかにする程度。それよりもカツオぶしの香りが強く感じられました。酸っぱいのが苦手な人でも、おいしく食べられそうです。
総合評価:★★★


3 瀬戸内の風 はっさくレモンぽん酢
「醤油っぽい味」
「うん、けっこう濃いめだね」
「酸味がない。柑橘系の香りは確かにするけど」
「あまり特徴はないけど、豆腐には合うね」
「ストレートで飲んでみよう! ゴホッ、さすがにむせます」

醤油の味が強いのですが、後味の柑橘系の香りもけっこう強いです。実は最後にうどんでも試してみたのですが、すすって食べると咳き込むほど。しっかりとした味が好きな人にオススメです。
総合評価:★★★


4 柚子こしょうポン酢
「鼻にツンとくる香り」
「ピリ辛。ポン酢というより食べるラー油っぽいかも」
「私は好きだな。使ってみたい」
「柚子こしょうといえば、確かにそんな香り」
「ストレートで飲んでみよう! ちょっと辛いけどうまい!」

柚子こしょう+赤唐辛子ということで、ちょっと辛めの味です。好みが分かれる味ですが、肉類には合うという意見が多かったです。ポン酢っぽくないというコメントも出ました。
総合評価:★★★★

大好評のポン酢は“旨み”成分が豊富?

5 キヌアぽん酢
「独特の香りだね。なんの香りだろう」
「ヒノキの香り? 違うか……」
「私はちょっと苦手だな」
「不思議な味。匂いが強いね」
「ストレートで飲んでみよう! う〜ん、た確かに木の香りがする……」

とにかく不思議な香り。鍋に合うかというより、その表現しづらい味わいに関して興味が集中してみました。一般的な醤油や酢に使われている大豆、麦、米を一切使ってないということが、独特に風味につながっているようです。
総合評価:★★


6 的矢かきのぽん酢
「旨味があっておいしい」
「まろやかだね。これはうまい」
「酸味が弱い気がする」
「豆腐にすごく合う!」
「ストレートで飲んでも、おいしいね」

味わい深いということで好評でした。カキの味というより旨味が強く感じられます。ただし酸味が少なく、その分しょっぱさを強く感じるという意見も。特に豆腐などのあっさりした食材に合いそうです。
総合評価:★★★★★


7 薩摩ぽん酢
「ゴマだね。ゴマの香りがする」
「甘い! これは甘い」
「焼肉のタレのよう。ゴマがあるから、特にそう感じる」
「酸味が苦手な人や子供にオススメ」
「ストレートで飲んでみると、やっぱり甘いな……」

甘口のポン酢なので当然ですが、とにかく甘いという意見が出ました。人工甘味料のような味を感じるという人も。常夜鍋にはちょっと合わないかもしれません。旨味はしっかりと感じられるので、甘めの味わいが好きな人にはいいでしょう。
総合評価:★


8 黒にんにく ぽん酢
「わりとベーシックな味」
「味は濃いけどまろやか。私は好きです」
「にんにくの匂いはまったくしない」
「豆腐には合うよ!」
「ストレートで飲んでみよう。うん、コクがある」

にんにくを使っているということですが、匂いはほとんどしません。ちょっとキワモノ系かと思って購入したのですが、正統派のおいしいポン酢でした。マイヤーレモンを使っているせいか、香りも爽やかです。
総合評価:★★★★

気になる第1位はあっさり食材に合う“ポン酢”

ネーミングを頼りに、ちょっと変わったポン酢を集めて試食してみたのですが、やはり味は実際に食べてみないとわかりませんね。思ったよりスタンダードな味だったり、独特の香りが楽しめるものがあったりと、それぞれ個性が感じられました。

ここで試食した6人によるベスト3を発表します。

1位 的矢かきのぽん酢
2位 黒にんにく ぽん酢
3位 柚子こしょうポン酢
番外:ミツカン 味ぽん

味ぽんは肉にも野菜にも合うオールマイティーなポン酢で、結局これが一番という意見もありました。

皆さんも家族や友人と鍋を食べるとき、複数のポン酢を用意して食べ比べてみるのはどうでしょう。盛り上がること必至ですよ!