米国「失われた世代」の死亡率、自殺と中毒で上昇

写真拡大

米国では、45歳から54歳までの白人(ヒスパニック以外)の死亡率が、1998年から2013年にかけて上昇していることがわかった。この大きな原因は、自殺や薬物・アルコール中毒の急増だという。

「米国「失われた世代」の死亡率、自殺と中毒で上昇」の写真・リンク付きの記事はこちら

先進国の人々は、一般に寿命が長く、よい生活を送っているが、この健康的な流れに乗っていないグループがひとつある。

米国の45歳から54歳までの白人(ヒスパニック以外)の死亡率は、1998年から2013年にかけて毎年0.5%上昇しているという論文が、『米科学アカデミー紀要』に発表された。

この傾向は、ほかのグループと著しい対照を示している。米国の中年層のヒスパニックと黒人では、同じ期間の死亡率がそれぞれ毎年1.8%と2.6%低下し続けているのだ。ほかの豊かな国々の人々でも、死亡率は毎年約2%低下している。

研究者たちの推定によると、米国の中年白人の死亡率が1998年の水準を維持していた場合は、いまでも96,000人が生存していたことになる。ほかのグループの人々と同様に、死亡率が低下し続けた場合は、いまでも48万8,500人が生存していたことになるという。

研究者らによると、この層における死亡率の上昇に拍車をかけているのは、自殺や薬物アルコール中毒の急増だという。2011年には、このグループでのこれらの中毒による死亡数が、死亡原因のトップである肺がんを上回った。自殺も同様の傾向にあると研究者たちは報告している。

自殺と薬物の過剰摂取(オーヴァードーズ)が原因の死亡は、あらゆる教育レヴェルの中年白人層で増加しているが、「最も教育を受けていない人々」のケースが最も多い。

米国の中年白人層を自殺や薬物過剰摂取に駆り立てているものが何なのかはわからない。最近の金融危機や、麻薬性鎮痛薬であるオピオイド系医薬品の乱用、肥満の蔓延なども関与している可能性がある、と研究者たちは推測している(米国では、薬物中毒死の43%が、オピオイド系医薬品の過剰摂取とされている)。

重大な懸念として報告されているのが、中年白人の健康状態が高齢者よりも悪い可能性があるという点だ。「現在中年期にある人々は、『失われた世代』である可能性がある。つまり、その未来が、前世代と比べて明るいものではない世代だ」と論文は指摘している。

関連記事:医学の力で「運動したことになる薬」が開発中

TAG

Arstechnica USMortalityRateSuicide