「Yahoo!かんたん決済」の決済手数料(前後比較)

写真拡大 (全2枚)

 ヤフーは4日、インターネットオークションサイト「ヤフオク!」について、今後の方針を発表した。「Yahoo!かんたん決済」決済手数料を無料化するとともに、落札システム利用料を変更。その他さまざまな施策を実施する。

 2016年1月15日より、落札者が「Yahoo!かんたん決済」を利用して落札金額を支払う場合、発生する手数料を無料化する。振込金額、支払方法にかかわらず、すべてゼロ円とのこと。コンビニ支払いの場合は、改定日時以降に「Yahoo!かんたん決済」の利用手続きを行うオークションより適用される(改定日時以前に利用手続きを行い、改定日時以降にコンビニでの支払いを行った場合は適用対象外)。なお中古車・新車、オートバイ車体、トラック車体、バス車体、不動産など、特定カテゴリは無料化の対象外。

 あわせて「Yahoo!かんたん決済」不正利用対策として、パトロール体制の見直しを行い、不正検知を強化する。購入意思のない入札に対しても、悪質な利用者からの入札を制限するオプション「入札者評価制限(悪い評価の割合)」を強化する。

 なおこれらの取り組みにともない、落札システム利用料を個人は「5.40%(税込)」から「8.64%」に、ヤフオク!ストアは「5.40%」から「7.56%」に改定する。あわせて、現在「999円以下の落札価格」に対して請求される54円の落札システム利用料を、個人は「624円以下の落札価格」に対して、ヤフオク!ストアは「714円以下の落札価格」に対して適用となるよう改定する(一部カテゴリは除く)。