写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エスキュービズム・テクノロジーは、車番認識カメラやセンサーを内蔵したポールを駐車場に設置し、スマホを通じて駐車場の空き状況確認、予約から決済までできる法人向けIoTソリューション「eCoPA(エコパ=エコ・パーキング)」の販売を開始すると発表した。

カメラまたはセンサーを内蔵したポールでスペースの駐車状況を把握し、クラウド上に混雑情報をリアルタイムで公開する。また、駐車した車のナンバープレートをカメラで読み取り、無断駐車の抑止など防犯システムとしても活用できる。

フラップ板や精算機が不要で、駐車スペースの満空管理が簡易に行えるため、店舗の駐車場管理や遊休地を活用しての駐車場運営など利用できるという。

また、利用者は出かける前に登録された飲食店や商業施設などの駐車場の状況をスマートフォンで把握し、予約、決済することができる。さらに、料金、経過時間の確認ならびに決済もスマホで駐車してからの経過時間や利用料金の確認、決済がスマートフォンアプリで行えるという。