井上尚弥・八重樫東のダブル世界戦が決定

写真拡大

1年ぶりの世界戦となるモンスター井上尚弥、3階級制覇を目指す八重樫東。12月29日(火)に東京・有明コロシアムでダブル世界戦が開催される。

ボクシングフェス2015 チケット情報

1年前、フライ、スーパーフライ級で通算27度防衛を誇った名手ナルバエスを2回KO勝ちと、圧倒的な強さで2階級制覇を果たし、「イノウエ」の名を世界にとどろかせた。米大手プロモート会社が井上に関心を寄せ、所属ジムの大橋秀行会長も「最近、正式に出場要請があった」と明かした。今回の対戦相手は、WBO世界スーパーフライ級1位のワルリト・パレナス(フィリピン)。楽な相手ではないが、井上は「去年の試合はかなりインパクトのある試合ができた。再起戦でもそれぐらいのインパクトを残せる試合をしたい。1%の不安と99%の楽しみ」と自信をのぞかせた。世界中から注目される一戦。歴史的王者へと、また一歩階段を上る。

不屈のファイター八重樫東が挑むのは、多くの日本人が目指しては涙をのんだ3階級制覇だ。昨年、誰もが認める最強王者ロマゴンと激闘を演じ9回TKO負けを喫するも、その戦いぶりはボクシングファンならず、多くの視聴者にも感動を与えた。昨年に続き2度目の3階級制覇に挑戦する八重樫は「一度失敗した階級で、わがままを言って再挑戦させてもらった。昨年末にやり残してきたことを、しっかり取り戻しに行きたい」と語る。今年は、IBF世界ライトフライ級王者ハビエル・メンドーサ(メキシコ)に挑む。不屈の大人が再び立ち上がったその勇姿を目に焼き付けたい。

また、井上の弟で、東洋太平洋スーパーフライ級王者の拓真は、同級1位レネ・ダッケル(フィリピン)と初防衛戦。その他、東洋太平洋スーパーフライ級王者の松本亮、日本フェザー級王者の細野悟など大橋ボクシングジムが誇るタイトルホルダーが目白押し。

ダブル世界戦が行われる「ボクシングフェス2015」は12月29日(火)開催。チケットの一般発売は11月28日(土)午前10時より。チケットぴあではプレイガイド最速先行プリセールを実施中、11月8日(日)午後11時59分まで受付。