「その1秒をけずりだせ」
 
 東洋大はチームテーマを体現したような走りだった。
 
 全長106.8kmで争われた全日本大学駅伝。初優勝を飾った東洋大は、10月の出雲駅伝を制した優勝候補の青山学院大と激しいトップ争いを展開した。何度も並ばれ、リードを許した場面もあったが、そのたびに中継所の手前で突き放す粘りの走りを見せた。

 それが顕著だったのは6区の野村峻哉。終盤、青山学院大の渡邉心に一度は引き離されるも、ラストの猛スパートで逆に10秒のリードを奪った。4区途中で青山学院大に並ばれて以降最大の差をつけると、完全に"流れ"が変わる。
 
 次の7区、東洋大の堀龍彦が区間賞の快走を見せ、青山学院大は突き放される。ひと区間で17秒差をつけられ、最終8区の神野大地にタスキが渡ったときには、27秒差を追いかける展開に。それでも、7区終了時で27秒のビハインドは、"逆転のシナリオ"として十分に射程圏内のはずだった。
 
 レース前日、青山学院大の原晋監督は、「アンカーの神野は1分差なら逆転できる。4区終了時で20秒差なら大丈夫でしょう。でも、5区終了時で30秒負けていると、1区間あたり20秒ずつ負ける危険があるので、アンカーに渡ったときは1分以上の差になる。そうなると視聴率が上がりますよ(笑)」と話していた。

 しかし、ケガからの復帰戦となった神野大地のペースは最後まで上がらない。鉄紺のタスキに近づくことはできず、逆に1分4秒差をつけられ2位でフィニッシュ。青山学院大としては過去最高順位でのゴールとなったが、神野の目には涙が光った。

 大本命が敗れるときは自滅で崩れていくパターンが多いが、今回の青山学院大は「これが敗因」という致命的なミスはなかった。ハイレベルの1区で、一色恭志がトップの東洋大と0秒差の2位で好発進。キーマンに挙がっていた2区小椋裕介は順位を落とすも、区間順位は5位と踏ん張った。3区田村和希は1秒差の区間2位。4区久保田和真で予定通りトップに並び、5区下田裕太は区間賞を取った。アンカー神野の状態が十分でなかったとはいえ、青山学院大はほぼ狙い通りのレースをしたと言っていい。
 
 だが、東洋大はその上を行った。1区に服部勇馬、2区に服部弾馬を起用。Wエースを序盤に配置して先制攻撃を仕掛けた。3区にも、出雲駅伝の4区で区間賞に輝いた好調の口町亮を配置。想定以上ともいえる3連続区間賞で、レースを優位に進めることに成功した。4区から6区で青山学院大の猛追を受けながらもトップを死守し、歓喜の瞬間を味わった。
 
 "アオガク"の野望である「駅伝3冠」を打ち砕いた東洋大。全日本では過去6年間で4度の2位を経験しており、チームにとっては悲願の初優勝だった。酒井俊幸監督は、勝因を次のように語っている。
 
「100%以上の力を出さないと勝てないと思っていました。1区から1秒をけずりだすような走りができましたね。特に、『ラストを頑張って先着で渡す』という駅伝のなかで一番大切なことができて、青山学院大さんが慌てるようなレース展開になった。そこが勝因だと思います。個人的には、駒澤大の大八木さんに跳ね返されてきた経験がすごく生きました」

 5連覇を目指した駒澤大・大八木弘明監督も明確なビジョンで決戦に臨んでいた。「1区からトップを奪う作戦で、少しずつ積み重ねていかないと4区で(青山学院大と)勝負できない。それで負けたら仕方ない」と1区にエース中谷圭佑を起用した。
 
 序盤でリードを奪うことはできなかったが、2区工藤有生で2位に浮上。3区途中まで青山学院大の前を走っていた。調整ミスもあり、3区、5区、7区で失速するも、6区馬場翔大が狙い通りの区間賞を獲得。出雲ではアンカーで2つ順位を落とした大塚祥平が最終8区で自信を取り戻す好走を見せ、最終的には3位でゴールを迎えている。

 優勝を争った3校はそれぞれの持ち味を発揮し、見応えのあるレースを展開した。全日本の戦いを見た各大学の指揮官たちは、早くも箱根駅伝に向けてのソロバンを弾き始めている。

 東洋大・酒井監督は、「我々が箱根を勝つためには、今回の全日本のように『駅伝力』で勝つしかありません。走力は青山学院大さんのほうが強いですし、今回の悔しさを力に変えてくるでしょう。それを跳ね返すとなると、全日本の走りではなく、全日本以上の走りを目指してやっていくしかありません。このチームはもっともっと強くなる」と力を込めた。

 原監督が「学生史上最強軍団」と評した"アオガク"が敗れて、駒澤大も全日本5連覇を阻止された。東洋大が伊勢路を制したことで、最終決戦となる箱根駅伝がますますおもしろくなってきた。

酒井政人●取材・文 text by Sakai Masato