横浜市内のキャバクラ経営者 1億7千万円を脱税した疑いで告発

ざっくり言うと

  • 横浜市内でキャバクラ店を展開する会社が、脱税の疑いで告発された
  • 2013年までの約2年半にわたり、約1億7千万円を脱税したとみられる
  • 女性従業員への報酬から天引きした源泉所得税を一切納めていなかったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング