ユーザーは駐車場の予約や満空情報の検索が行えることで利便性が向上し、管理者側は一定の防犯性能を確保しつつ、導入コストの削減や、顧客満足度の向上を実現することができる(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全4枚)

 エスキュービズム・テクノロジーは、スマートフォンを通じて駐車場の空き状況の確認・予約・決済までを行える法人向けIoTソリューション「eCoPA(エコパ=エコ・パーキング)」の販売を開始した。

 コインパーキングでの運用から、レストランや商業施設などの駐車場の管理を想定しており、車番認識カメラやセンサーを内蔵したポールを駐車場に設置し、それらの情報をIoT化することで、管理者及びユーザーがさまざまなサービスをクラウド経由で利用できることを特徴としている。

 既存のコインパーキングなどで利用されていた、精算機や不正駐車防止のためのフラップ板を必要としないため、導入コストを下げられる点も特徴の1つだ。

 フラップ板がないことで気になるのが、不正駐車対策だが同ソリューションでは、監視カメラが駐車車両のナンバーを撮影し、センサーが駐車時間を計測することで不正駐車対策を行っている。不正駐車などがあった場合には、撮影したナンバーを警察に届ける形だ。

 また、クラウドからのカード決済を基本としており、精算機の設置が不要なことから、精算機内の現金を狙った窃盗事件などのリスクを物理的に無くせる点も防犯面での特徴となる。

 駐車場を利用するユーザーは、クラウド経由で駐車状況の空き状況を確認できたり、予約、支払いができるため、外出先で空いている駐車場を探すといった手間や小銭の用意といった手間が減らせて、より便利に駐車場を利用することが可能だ。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI