「Firefox」ロゴ

Mozilla(日本支部:一般社団法人Mozilla Japan)は、Webブラウザ「Firefox」の最新版として、バージョン42.0をリリースした。Web閲覧中の「トラッキング保護機能」を実装し、より強力なブライベートブラウジングを実現。Web開発者向けの「Firefox Developer Edition」についても、直感的にアニメーションを編集できるツールを含む新機能を搭載した最新版がリリースされ、ダウンロードが可能となっている。

「Firefox」には、これまでもWeb閲覧時の履歴を残さないプライベートブラウジングモードが搭載されていたが、今回のアップデートはそれを強化するもの。自分のクライアントに履歴を残さないだけでなく、サードパーティ(第三者)企業によるユーザーのトラッキング(追跡/追尾)を制限する機能が追加された。この機能は、Windows版/Mac版/Linux版/Android版のそれぞれで利用が可能。これに伴い、環境設定に「プライベートウインドウでサイトによるトラッキングをブロックする」のON/OFF項目が加えられた。なお、従来からの「サイトにトラッキングしないよう要求する」の項目は、そのまま並行して残されている。

そのほかの変更点は、サイトのセキュリティやプライバシーの制御を行う「コントロールセンター」の追加、パスワードマネージャの改善、IPv6をサポートするなどのWebRTCに関する改良など。細かい追加ではあるが、音声を再生しているタブにアイコンが表示され、そこをクリックすることでミュート切り替えも実行できるようになった。YouTubeなどの再生時にタブの部分で消音でき、アクティブでないタブでも操作できるため、目立たないながらも非常に利便性が高い強化だ。HTML5関連では、ES6のReflectや、ImageBitmapおよびcreateImageBitmap()が実装されており、HTML5のvideo向けMedia Source Extensionが全てのサイトで利用できるようにもなっている。


「Firefox 42」の新しいプライベートブラウジング画面(画像はWindows版)


トラッキング保護機能付きプライベートブラウジングイメージ

一般社団法人Mozilla Japan
URL:http://www.mozilla.jp/
2015/11/04