いつでも美味しい温度のコーヒーを飲める「スマートマグ」と、未来のキッチン

写真拡大

なにもマニアックなコーヒー好きのためのアイテム、というわけではない。熱化学者がチームを組みつくりあげたスマートなマグは、高度なテクノロジーが組み込まれているにもかかわらず、見た目はそれを感じさせることはない。このあり方こそ、未来のガジェットなのだろう。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「いつでも美味しい温度のコーヒーを飲める「スマートマグ」と、未来のキッチン」の写真・リンク付きの記事はこちら
02product5-1024x768

2/6マイクロプロセッサーとセンサーを備え、コーヒーを急速に冷却、あるいは何時間も同じ温度で保ってくれる。

03product4-1024x768

3/6バッテリーは2時間。充電コースターでマグに給電する。

04product1-1024x768

4/6Ammunitionグループによるデザインはまるで充電のようで、目立つダイヤルもボタンもない。

05ember_09-1024x768

5/6温度管理の操作はアプリで行う(表示は華氏)。アプリデザインも、製品同様にAmmunitionのチームが担当した。

06lifestyle16-1024x768

6/6発売は2016年4月の予定。価格は129USドルとなる。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01ember_10-1024x768

Ember社がつくるのは、熱化学を応用した、スマートなキッチンウェアだ。このマグが、彼らのプロダクト第1号となる。

02product5-1024x768

マイクロプロセッサーとセンサーを備え、コーヒーを急速に冷却、あるいは何時間も同じ温度で保ってくれる。

03product4-1024x768

バッテリーは2時間。充電コースターでマグに給電する。

04product1-1024x768

Ammunitionグループによるデザインはまるで充電のようで、目立つダイヤルもボタンもない。

05ember_09-1024x768

温度管理の操作はアプリで行う(表示は華氏)。アプリデザインも、製品同様にAmmunitionのチームが担当した。

06lifestyle16-1024x768

発売は2016年4月の予定。価格は129USドルとなる。

それは、2009年のことだった。最近だと「あたらしい照明のデザイン」をゼネラル・エレクトリック(GE)に売却した熱化学者クレイ・アレキサンダーはキッチンで、前の日に料理されたスクランブルエッグの皿をじっと見つめていた。「この皿は有史以来、まったく変わっていない。原始時代では平らな石だったのだろうが」と、彼は密かに思った。

アレキサンダーが生業にしているのは「温度の調整・管理」だ。つまり、このとき彼は間違いなく、もっと優れた皿を考えつくことができるだろうと思ったはずだ。

例えば「Nest」のサーモスタットのように、大きな変革をもたらしたものもあれば、シリコンヴァレーの一攫千金のパロディのような話もある(世の中のいったい誰が、Wi-Fi使用可能おむつなんて必要としているというのか?)。アレキサンダーについて言えば、彼は、Ember社を立ち上げた。熱化学を使用して、台所用品と食べ物を「よりいい状態」にすることを計画するスタートアップだ。

Ember社が手がける最初の製品は、旅行用マグカップだ。そのマグカップは、コーヒーを48〜62℃まで、自分の選んだ温度に設定できる。「通常より6倍の速さで」冷やせるようにも設計されている。

beatsのヘッドホンをデザインしたAmmunitionグループは、彼らのために、ボタンやダイアルが露出していない弾丸のような滑らかな容器をつくった。目に見えるインターフェイスはといえば、温度を調節するマグカップ底部のハンドルと、容量を示す小さなスクリーンくらいだ。

マグカップのバッテリーは約2時間もつ。充電コースターに置いておけば、マグカップを常に充電されるが、バッテリーが切れれても、保冷作用もあるので2時間くらいならば、コーヒーは暖かいままで保たれる。これら全ては、単純なアプリによってプログラムされているという。

さまざまなテクノロジーを詰め込んだ結果、他のどのマグカップより重くなる(「一日中、レンガを持ち歩くなんて!)」かというと、その心配はないと言う。Ember社に、アレキサンダー自らがマイクロソフトから引き抜いたスマートフォンのエンジニアが5人もいるのは、このためだ。

「彼らが電子デヴァイスの重量をどれほど軽くするか、きっとあなたは信じられませんよ」と、アレキサンダーは言う。「スターバックスには陶製のマグが売られていますが、ぼくらのマグカップもそれと同じ重さなんです」

このマグカップは、2016年4月に129ドルで販売が予定されている。Ember社の第1号商品となるわけだが、彼らはこの5年間、さまざまに計画を進め、それらの「完璧な実用レベルの試作品」があると述べている。

アレキサンダーが自らに課した使命は「キッチン」だ。彼は、例えば感謝祭の日のようなときに出す、大量の料理について考えている。すべての料理が揃う前に、皿の上のごちそうが冷めてしまうことを解決できないかと考えている。もちろん、それを可能にしているテクノロジーを表に出すことなく。

そして、それこそが自分たちが開発を続ける理由だと、アレキサンダーは言う。彼は最後に「これが21世紀です」と、付け加えた。

TAG

AmmunitionDesignGadgetKitchenWIRED US