可憐な花が聖夜を彩る。花モチーフが艶やかな「松屋銀座」クリスマスケーキ5選

写真拡大 (全6枚)

クリスマスまでは、まだ1カ月以上もあるけれど、人気のケーキはすぐに売り切れてしまうもの。予約がまだの人は、東京女子ご用達の「松屋銀座」のクリスマスケーキに注目して。花をモチーフにしたエレガントなものが揃っていて、聖夜をロマンティックに演出するのにぴったり。そこで、編集部が松屋限定のケーキ4点とデリバリー可の1点をセレクト。女同士のクリスマスパーティや彼とふたりのロマンティックな夜にピックアップして。◆ラグジュアリーが花咲く。赤坂の名店「リベルターブル」のホワイトチョコレートケーキ


赤坂に本店を構え、芸術的なデセールが女子を虜にする「リベルターブル」からは、ホワイトチョコレートでつくられたゴージャスな一輪の花が咲く「フローリア」(5940円/直径15cm・限定50台)が登場。

ホワイトチョコレートでグラサージュしたケーキの中身は、ホワイトチョコレートのムース、ビスキュイ、赤い果実のクリーム、イチゴのジュレの5層。チョコレートのまろやかさに、酸味のある果実のジュレ&クリームがアクセントになって、濃厚でいてさっぱりとした味わい! パティシエ・森田一頼氏のラグジュアリーなクリスマスケーキに酔いしれて。

◆1枚1枚、繊細な花びらが美しい「パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ」の洋梨ケーキ


シェフパティシエによるしなやかな感性が光る、小山のパティスリー「パティスリィ ドゥ・ボン・クーフゥ」。フランス語で白を意味する「ル・ブラン」(5940円/長さ16.5cm・限定30台)は、その名の通りホワイト尽くしの気品漂う一品。

美しい花びらの置かれたケーキは、ヴァローナホワイトチョコレートでグラサージュ。シャンパンムースや洋梨のコンポート、フランボワーズのコンフィチュールなどが重なって、ほかでは味わえない個性あふれる大人味のケーキに。エレガントな“ホワイトクリスマス”をかなえるならこれで決まり。

◆大輪のバラがまるで庭園のような「カカオ サンパカ」のチョコレートケーキ


スペイン王室御用達のチョコレートブランド「カカオ サンパカ」の「ジャルディ デ ローゼス ブランコ」(7560円/直径約12cm・限定30台)は、真っ白な大輪のバラがローズガーデンを彷彿とさせるゴージャスなケーキ。

ケーキ部分は、ダークチョコレートムースやミルクチョコレートムース、カカオアーモンドビスキュイ、アーモンドプラリネが層に。さらに、その周りをスペイン産カカオ分70%のチョコレートクーベルチュールでトッピング。ほろ苦く濃厚なケーキとミルキーなテイストのホワイトチョコレートのバラを組み合わせたこちらは、チョコレート好きにはたまらないはず。

◆カップケーキの名店「マグノリアベーカリー」からフォトジェニックなバターケーキ


カップケーキブームの火付け役「マグノリアベーカリー」からは、「フラワー&ポルカドッツ」(5184円/直径約15cm・限定30台)が末や限定で登場。ケーキ上部一面にホワイト×淡いブルーの花があしらわれていて、女子会にぴったりのインパクト大な美ルックス。

こってりとした濃厚なバタークリームと優しい甘みのバニラケーキの組み合わせは、ほどよい甘さで大人向け。バニラの濃厚な香りが誘惑的だから、ぱくぱくと食べ進めてしまいそう! アメリカのクラシカルな魅力を感じさせるクリスマスケーキは、味わいはもちろん写真におさめたいほどのかわいさ。

◆アロマのようにバラが香り立つ「ヒビヤカダンスイーツ」のチーズタルト


日比谷花壇のフラワースイーツコレクション「ヒビヤカダンスイーツ」の「薔薇香るXmasチーズタルト」(5400円/直径約15cm・限定50台)は、香りまでも楽しみたい贅沢なクリスマスケーキ。店頭引き取りだけではなく、デリバリー可なのが便利なところ。

チーズタルトには、ローズリキュール、ローズウォーター入りのチーズクリーム、花びらを煮出したバラゼリーが入っていて、さらにバラの花びらをトッピング。なんと奥出雲の希少なバラである「さ姫」を使っていて、アロマを焚いているような感覚になるそう。フラワーショップならではのケーキを五感で楽しんで。