「エイリアン」第5弾は保留に、「プロメテウス」続編製作が進行中で。

写真拡大

映画「エイリアン」第5弾の製作が保留状態になっているようだ。

「エイリアン」の前日譚として2012年に発表されたリドリー・スコット監督の「プロメテウス」続編製作が進行中のため、「エイリアン」第5弾は後ろ倒しになっているとの噂が出ていたが、このたび、ニール・ブロムカンプ監督が自身のツイッターでその噂が事実であることを認めた。

「エイリアン」第5弾のメガホンを執る予定のブロムカンプ監督は「『エイリアン』は『プロメテウス』第2弾のために保留状態ってところかな。だから僕はゼノ(エイリアン)とエレン・リプリー(『エイリアン』に登場するキャラクター)と同じくらい大好きな他の事をやっているところさ」とツイートしている。

そうした中、第1弾作品に出演したナオミ・ラパスやマイケル・ファスベンダーらが再び出演することが決まっている「プロテメウス」続編について、スコット監督はタイトルが「エイリアン:パラダイス・ロスト」に決定したことを最近発表していた。

「タイトルは『エイリアン:パラダイス・ロスト』になるよ。だから『プロメテウス2』にはならないかな」
「これは『パラダイス・ロスト(失楽園)』という本なんだ。なんだか知的な感じがするよね。似ている点もあるし、終わりでもあるんだ」

過去の「エイリアン」シリーズや「プロメテウス」と新作の関連性について尋ねられたスコット監督は「どうやって、なぜエイリアンたちが生み出されたのかというところに戻るんだ。僕が30年前に作った最初の『エイリアン』の裏側に迫るんだ」と続けていた。