金庚泰は以前との芝質の違いを警戒(撮影:上山敬太)

写真拡大

<WGC-HSBCチャンピオンズ 事前情報◇3日◇シャーシャンインターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>
 日本ツアーで躍動する“鬼”は世界の舞台でも、虎視眈々と頂点を狙っている。上海にあるシャーシャンインターナショナルGCを舞台に「WGC-HSBCチャンピオンズ」が5日(木)に開幕。今季の国内男子ツアー賞金ランキング1位を独走する金庚泰(韓国)は、岩田寛、小平智と共に練習ラウンドを行った。
国内ツアー5勝目を挙げてカップを掲げる金庚泰
 先週の「マイナビABCチャンピオンシップ」でシーズン5勝目を挙げるなど、好調維持をしたまま会場入りした金。この日の練習ラウンドでは、グリーン周りのラフからのアプローチを入念にチェックしていた。それには理由がある。
 「昔出場した時はたしかバミューダ芝だったけど、今はベントなどの何種か混合した芝になっています。今年打っていない芝質だったので、アプローチでヘッドをどう入れたら、どういうボールがでるか想像できない。また、今の芝は目が出来やすいので、逆目など状況に応じて、クラブにどのような影響があるか、そして、どう飛ぶかを細かくチェックしたんです」。
 フルショットできないグリーン周りのアプローチでは、同じ打ち方をしても、芝質によって飛び方に大きな違いが出る。また、金にとっては、以前プレーした時のと芝質が違うことで、同じコースでもイメージがまったく違うものになっているので、ラフからアプローチを念入りに試していたのだ。
 今大会の舞台となるシャーシャンインターナショナルGCは、7266ヤードと距離はあるものの、勝負のカギとなるのは、グリーン周りのショートゲーム。金も、「グリーン周りは傾斜が多いので、グリーンをこぼれると難しいアプローチが残る。場合によっては、手前に2クッション入れて寄せなければいけない時もあります。簡単にボギーを打ってしまうコースですね」とコースを分析していた。
 尚、プロアマ大会に出場しない金にとっては、この日の練習ラウンドが試合前最後のプレーとなる。この日の入念なチェックを今大会の好結果につなげることができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>