レイチェル・テイラー(左)とクリステン・リッター(右)

写真拡大

世界最大級の映像配信サービス「Netflix」が11月20日より全世界同時配信するオリジナルドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』。この作品で主人公のジェシカ・ジョーンズを演じるクリステン・リッターと、ジョーンズが唯一信頼する親友トリシュ・ウォーカーに扮したレイチェル・テイラーが来日し、11月2日にアンダーズ東京で行われた記者会見に登壇した。

石田ニコルの撮り下ろしランジェリー姿が解禁/Netflixドラマに出演!

本作は、スーパーヒーローとして活躍していた主人公のジェシカ・ジョーンズが、悲劇的な事件のためにヒーローを辞め、私立探偵になり、自分の生活を取り戻そうとするも、ニューヨークの闇は彼女を離さず、様々な事件に巻き込まれていくというストーリー。今までスーパーヒーローだけを描き続けてきたマーベルが、苦悩しながら戦い続ける「元ヒーロー」を初めて描いた作品で、女性にも共感できる内容になっている。

冒頭でリッターは「コンニチハ、ゲンキデスカ?」と日本語で挨拶。実はかつて、日本に住んでいたことがあり、ファッション誌「Olive」のモデルとしても活躍していたそうで、「日本は本当に大好き。初めての飛行機に乗ったのは東京に来るためだったんです。雑誌Oliveでモデルもしていました。レキシントンクイーンというディスコにも行ったわ(笑)」と当時を振り返ると、「今日は、自分の大好きな『ジェシカ・ジョーンズ』という作品を、友人であるレイチェルと一緒に日本のみなさまにご紹介するために来日できてよかった。観光もするし、寿司も食べる予定です」とニッコリ。

テイラーも日本は初めてではないそうで、「以前、東京に数ヵ月間滞在していたことがあり、日本は大好きです。日本の方々は優しいし、日本食も大好き。今朝も日本の朝食をSNSにアップしました。アメリカでもこういう朝食を食べたいですね」と話すと、「前回の来日時に富士山に登りました。夢のような体験でしたが、その2日後にカメラをなくしてしまったので、また富士山に足を運んで写真をしっかり撮って帰りたいです」と話した。

また、主人公のように特殊能力を持てるとしたら、どんな能力がいいかという質問に、リッターは「(自身が演じる)ジェシカと同じ能力がいいわ。だって、使い方を知っているから(笑)。超人的な力を持っていて、空も飛べるんです」と回答。同じ質問にテイラーは、「すごく面白い質問ですね。この作品で描かれているのは、超人的な力は、人によって善にもなるし、悪にもなるということ。どんな能力でもいいのなら、この作品の悪役キルグレイブのマインドコントロール能力ね」と答えていた。

[動画]Netflixドラマ『アンダーウェア』プロモーション映像
又吉直樹の「火花」が早くも映像化!2016年にNetflixにて独占配信
映像配信の黒船Netflixがついに始動! 同社CEO「来年は50億ドルをコンテンツにかける」と豪快に語る
Netflix、アマゾン…動画配信サービスの戦国時代到来!(1回目)