プラセンタといえばアンチエイジング効果が高いことで知られていますね。実はプラセンタには若返り効果だけではなく、組織修復作用や抵抗力を高める効果や肝臓の働きを高める効果なども高く、医療現場でも使用されています。

プラセンタとはどんな成分か確認!

プラセンタとは英語で「胎盤」を意味しています。胎盤は胎児を育てるために必要な栄養を維持し送り込む大切な器官。それ自身でもかなりの栄養を保持していることが知られています。一般的には哺乳類の胎盤から抽出し精製されたものを加工して使います。ヒト由来のプラセンタ以外にも豚や馬、羊から採れるもの、魚の卵巣膜から抽出されるマリンプラセンタというのもあります。ホルモンを調整する効果がありますがホルモン剤ではありません。

飲む? 塗る? 注射する? プラセンタの利用法

プラセンタには生命の維持に欠かすことのできないタンパク質・脂質・糖質・アミノ酸のほかに各種ビタミンやミネラル、核酸、酵素、成長因子、活性ペプチドなど他には摂れないような栄養素も豊富に含まれており、まさに「栄養の宝庫」。その効果は活性酵素を除去し細胞の生まれ変わりを促進するアンチエイジングや、育毛、抗アレルギー、抗炎症、更年期障害、肝臓障害、慢性疲労など多岐に渡っています。注射で直接体内に摂取する方法が医療でも使われており、即効性があって効果もわかりやすいですが、経口摂取でも美白や美肌、疲労の軽減、免疫力向上の効果があるとの結果が出ています。美容液などのスキンケアで肌表面に塗ることで肌のバリア機能を正常にし、肌トラブルを軽減する効果もあります。どの方法でもプラセンタパワーを実感できますから、自分にあった方法で使用してみるとよいでしょう。

プラセンタの正しい選び方

効果の高いプラセンタ注射には「メルスモン」「ラエンネック」の2種類があり、どちらも医療機関でしか使用できません。ヒト由来のプラセンタを精製したもので安全性も高いので安心して摂取できます。また即効性が高いのが特徴で、打ってすぐに疲れが取れ、翌日の朝にスッキリ起きられるという体験談が多いです。サプリメントなどで経口摂取する場合は純度が高く、豚由来ならばSPF豚のものを、馬由来ならばサラブレットのものを、羊由来ならばニュージーランド産のものを選ぶと良いでしょう。ちなみにプラセンタ注射は肝臓障害や更年期障害の治療の場合は保険適用で一回500円程度、美容や健康のためなら自費診療で1000円〜2000円程度です。疲れが取れない人は試してみてはいかが?


writer:しゃけごはん