円山から眺めた札幌市街

写真拡大

JRタワーホテル日航札幌 (札幌市)は、「日本新三大夜景」(正式名は日本新三大夜景都市)において、札幌市が第2位に認定されたことを記念し、札幌の夜景を満喫できる宿泊プラン「日本新三大夜景 きらめきの札幌 満喫プラン」を2015年11月1日から16年3月31日まで発売する。

夜景観賞士のお墨付き

夜景観光コンベンション・ビューローが夜景観賞士に実施したアンケートの結果、藻岩山や大倉山、札幌テレビ塔などの票が加わり、同市が上位入賞を果たした。「北海道ならではの澄み切った空気の中で眺める大パノラマは見事」「駅上のホテルの客室からの眺めは絶品」等の意見があったという。

同ホテルは道内で最も高い建築物のJRタワーの高層階に位置し、周囲に高い建築物も少ないため遠くまで見渡せる。客室タイプはコーナーデラックスツインルームで、特典として35 階から夜景を満喫できるレストラン&バー「SKY J」のクーポン、22 階のスカイリゾートスパ「プラウブラン」の入浴券、「JRタワー展望台T38」 入場割引券、35 階のレストランで食べる朝食が付く。1人当たりの料金は2万4700円からで、1日1室限定。