暖かくて歩きやすいウィンターパフォーマンスシューズ登場!

写真拡大

アメアスポーツジャパン(東京都新宿区)は、ウィンタースポーツ関連のブランド「サロモン」からウィンターパフォーマンスシューズ「SHELTER CS WP(シェルター クライマシールド ウォータープルーフ)」と、タウンユースにおすすめの「UTILITY PRO TS CS WP(ユーティリティ プロ TS クライマシールド ウォータープルーフ)」を2015年11月初旬に発売する。

「SHELTER CS WP」1万3000円(税別)は保温材など4層の構造を採用した「Climatherm」テクノロジーをアッパー全体に採用することで、マイナス18度の環境でも暖かさを保ってくれるという。また、独自の防水透湿素材にソフトシェル素材を合わせ、柔らかで快適な履き心地を実現した。年齢を問わないスッキリとしたデザインが特長で、390グラムとウィンターシューズとしては大変軽量なのも嬉しい。

「UTILITY PRO TS CS WP」2万円〜2万2000円(同)はアウトドアカジュアルにマッチするレトロなデザインのワークブーツ。保温性と通気性に優れた「Thinsulate(シンサレート)」テクノロジーを足首周りとつま先に採用した。グリップ力の高いオリジナルソールを使用しており、冬のタウンユースはもちろんのこと、スノーリゾートや寒冷地への旅行にもおすすめだ。

全国のサロモン取扱店で販売する。