中国は今年すでに6回の利下げをし、8月には通貨(元)切り下げも行なった。刺激策を連発しなければ景気を維持できない現状に、「中国経済の崩壊」を危惧する市場関係者は少なくない。

 だが、株式投資で億単位の資産を築き上げた“億り人”と呼ばれる投資のプロたちの中には、「今こそ中国関連株が狙い目」と考える人が少なくない。

 サラリーマンでありながら、割安株への中長期投資で資産1億5000万円を築いたさとりん氏は、「銘柄さえ選べば中国関連株は買い。インバウンド関連はまだ強い」と語る。インバウンドとは外国人旅行者を自国へ誘致することで、「訪日観光客」を指す。近年、中国から日本への観光客が激増し、日本製の高級家電や化粧品などが飛ぶように売れている。いわゆる“爆買い”だ。

 この恩恵を最も受けたのが、訪日観光客狙いで家電量販店から免税店にシフトしたラオックス(8202)だ。昨年8月、40円台だったラオックスの株価は瞬く間に急騰し、今年7月には11倍超の564円をつけた。この急騰劇をきっかけに「インバウンド関連銘柄」が株式市場を席巻するようになった。さとりん氏がいう。

「エイチ・アイ・エス(9603)のような旅行代理店はもちろんですが、やはりドラッグストア関連は欠かせません。中国人が化粧品や日用品を爆買いするため、必ず立ち寄るホットスポットですから。化粧品でいえば、中国でも有名な化粧水を販売するコーセー(4922)も注目です」

 中国人観光客は、“爆買いリスト”をインターネットを駆使して作っている。中国の大手ポータルサイト「捜狐(SOHU)」には、「日本に行ったら買わねばならないもの」として、「神薬12」という12個の医薬品が紹介されているという。

「12品の内訳は、小林製薬(4967)の『熱さまシート』や『サカムケア』、久光製薬(4530)の『サロンパス』など。メイド・イン・ジャパンの安心感と、中国に類似品がない希少性で人気だそうです。日本のドラッグストアでも、わざわざ『神薬12コーナー』を設けているところもあります」(さとりん氏)

 ドラッグストアで多くの中国人が注目するのが紙おむつ。中国では粗悪品が多く、安全安心な日本製が好まれる。

「中国での紙おむつ市場は『ムーニー』などを販売するユニ・チャームの独壇場と思われていましたが、最近では『メリーズ』を販売する花王(4452)の人気が勝っています。日本のドラッグストアで『花王のおむつはどこだ?』と、指名買いされています」(同前)

 インバウンド銘柄は、幅広く存在している。たとえば北海道と関東を中心にラーメン店「山岡家」を展開する丸千代山岡家(3399)。国内外の観光客を取り込み、昨夏300円台だった株価が、この1年で1500円超まで急騰した。

 このラーメンチェーンは、ロードサイドに多く出店し大きな駐車場を持つ。そのため、中国人観光客が大型バスで立ち寄ることが多く、インバウンド関連株として爆騰を見せたのだ。現在は値を下げているが、引き続き注目したい銘柄ではある。

※週刊ポスト2015年11月13日号