ロシア墜落機「外部から衝撃を受けた形跡ない」調査当局

ざっくり言うと

  • エジプト東部シナイ半島の山岳地帯で10月31日に墜落したロシア旅客機
  • 調査当局は2日、事故機には外部から衝撃を受けた形跡はないと明らかにした
  • 操縦士はレーダーから機影が消える前に救難信号を発していなかったとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング