初期段階は「できること」がたくさんある asa/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 「ドラえもん」の声でおなじみの声優・大山のぶ代さんが認知症を患っていることニュースになって久しい。衝撃を受けた人は多いことだろう。

 大山さんは2008年に脳梗塞を起こして入院。脳梗塞の後遺症と認知症の始まりが重なり、夫の砂川啓介さんはなかなか気づかず、正式に認知症の診断を受けたのは2012年のこと。そして3年を経て、今年病名を公表した。

 砂川さんは出演したテレビ番組で、大山さんについて「まだ仕事をしている」と語った。人気ゲームが原作の舞台「ダンガンロンパ2THE STAGE~さよなら絶望学園~」で、声による出演をしたという。共演者はもちろん、視聴者の多くが「認知症になっても仕事ができるの!?」と驚いたに違いない。

できることも多い「空白の期間」

 認知症の中核症状には、主に次のようなものがある。

 記憶がすっぽり抜け落ちる「記憶障害」、日時や場所がわからなくなる「見当識障害」、あいまいな表現が理解できなかったり、洋服の着方がわからなくなったりする「実行機能障害」、言葉を失ったりする「高次脳機能障害」など。さらに、周辺症状として徘徊や妄想、せん妄、失禁、異食、うつなどが挙げられる。

 このような症状を並べると、「認知症になったらおしまい」と絶望的な気持ちになってしまうことだろう。だが、認知症だと診断された人のすべてが、いきなり「何もわからない」状態に陥るわけではない。同様に「何もできなくなる」というわけでもないのだ。

 認知症の初期の人は、不安がいっぱいだ。友人との約束をすっかり忘れていたり、歩き慣れた道でも家の帰り方がわからなくなったりするようなことが続けば、不安にかられるのも仕方がない。ただし、日常生活を送れているから、この段階で介護サービスを受けるには至らない。

 では、介護サービスが必要となる時期まで、つまり認知症が重症化するまでの「空白の期間」は、手をこまねいているしかないのか。

ボランティアも仕事もできる!

 認知症の初期の段階なら、専門医の適切な治療と周囲の支援によって、それまでの生活と同じレベルで暮らしている人は多い。また、正しい理解とサポートさえあれば、仕事もできる。認知症になっても、社会とつながっていたいと感じている人は少なくない。

 東京・町田市のあるデイサービスの目玉は、有償ボランティアだ。レクリエーションや運動を行なうデイサービスが多いなか、この施設では「その日にすること」を認知症の利用者が選ぶ。「お昼ご飯の買い物」「デザートづくり」などに並び、「洗車」「チラシ折り」「野菜の配達」「保育園の雑巾縫い」などもラインナップ。謝礼がもらえるものもある。

 また、ボランティアとして働きぶりが認められ、介護施設の職員として迎えられた初期認知症の人もいる。記憶が抜けがちなため、常にメモ帳を携えているそうだ。周囲も適切な時に声をかけてサポートしている。

当事者の声に耳を傾けよう

 厚生労働省の認知症施策推進総合戦略「新オレンジプラン」によると、2012年に462万人だった認知症患者が、2025年には約700万人に増加する見通しだ。高齢者の5人に1人の割合だ。65歳未満の「若年性認知症」も、現在3万8000人にのぼる。

 当事者も手をこまねいているだけでなく2014年10月、「日本認知症ワーキンググループ」を発足。当事者が声を上げて、「希望と尊厳を持って暮らし続けること」「共によりよく生きていける社会を創りだすこと」を目指す。政府への提言が、新オレンジプランに取り入れられた。

 認知症の人が地域で安心して暮らしていくには、人々の理解が不可欠だ。認知症の正しい知識とさりげないサポートが求められる。あなた自身も、いつ認知症を発症するかわからないのだから。
(文=編集部)