写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エヌ・アール・アイ・サイバーパテント(NRIサイバーパテント)は11月2日、アイアールディー(IRD)が開発した特許事務所向けの知的財産管理システム「NAVI OFFICER/N」の独占販売契約を締結し、2015年12月1日から提供を開始すると発表した。

「NAVI OFFICER/N」は、大手特許事務所を向け知的財産管理システム「NAVI OFFICER」で提供していた機能のうち、利用頻度が高い機能を中心に、汎用化・スリム化を行った製品。特許事務所業務に必要不可欠な機能をシステムのカスタマイズ不要で導入することが可能。主な搭載機能は以下の通り。

・受任業務に必要な期限の管理、年金管理、包袋管理
・事務所員のスケジュールや工程の管理
・各種ドキュメントや請求情報の管理、レターや宛名ラベルの印刷

また、知的財産情報サービス「NRIサイバーパテントデスク2」の特許情報とシームレスに連携し、日本に加えて米国・中国・欧州の特許・国際公開の公表や、日本特許・実用新案の最新の経過情報(テキスト、フロー図)を参照することができる。

価格は、所員数に応じた価格体系になっており、税別200万円からとなっている。同社は、今後3年間で100事務所の導入を目指すとしているほか、将来的には「NRIサイバーパテントデスク2」や企業向け知的財産管理システム「TOPAM NV」との連係・強化も行っていく予定としている。